生活に密着している介護施設が魅力

特別養護老人施設
発熱や口腔状態など利用者の身体状況をスタッフは共有。多職種協働で利用者のQOL向上を目指す。
ガイド:
長年、病院に勤めてからこちらの施設に転職したそうですが、どういうきっかけだったのですか?

秋山さん:
特養で働く栄養士の友人から話を聞いて、おもしろそうだなと思ったんです。介護施設は利用者様の家と同様、生活の場であるので、そこに密着できることに興味を持ちました。食事をとって体に取り込まれ、体に生かされるまでの一連の流れを見届けられることや、そこにかかわって働くことは栄養士の自主性が大いに生かされると思ったのです。

それまで勤めていた病院では、栄養科の一員として働いていたので先輩がいましたが、責任者の立場を経験し、学びたいという興味もありました。

ガイド:
栄養管理をはじめ、責任者という立場で管理栄養士の業務を始動するのには大変なエネルギーが必要だったと思いますが、どのように取り組まれたのですか?

秋山さん:
今までは施設栄養士の役割や、栄養管理の重要性が理解されていなかったようでした。そこで施設栄養士の必要性を伝えるには? と考えた時、自らが栄養士のPRをしなくてはならないと思ったんです。

まずは1番大事な足下である厨房で配膳を行い、食事内容の確認から始めました。それから利用者様のところを少しずつまわり、食事形態の確認や内容の相談、アドバイスなどをしていたら、スタッフや利用者様から声をかけてもらえるようになって、だんだんと各フロアから相談を受けるようになりました。仕事で表したことをまわりが受け取ってくれて、食事や栄養のことは栄養士という専門職に相談すればいいと伝えられたのではないかと思います。そうやって徐々に「施設栄養士」の立場を築いてきたと思います。

給食業務に関しては、手間やコスト削減に励んだり、スタッフの業務整理と責任分担を明確にして、指針もわかりやすく作りました。誰もがわかるように、仕事を「見える」ようにしていったのです。これには以前、病院に勤めていたときの経験が役に立っていますね。


病院でのどのような経験が役立っているのか、病院と福祉施設での違いについても聞かせてもらいましたので、つづきは次回、ご紹介します!

■関連記事
家庭感覚が大切 特養施設の管理栄養士
知っておきたい栄養カウンセリングの基本
急増する栄養士求人 給与と必須スキル公開!
シニア・メタボレシピ:菊ちらし&デザート

■こちらの栄養士・管理栄養士記事もどうぞ!
野菜学入門 ファイブ・ア・デイって何?
メタボ対策の食支援 Cafe5の料理教室
現代生活を教える 家庭科教諭の仕事
トップラガーマンを支えるスポーツ栄養士

■おすすめ栄養士情報リンク
食育・スポーツ栄養学に関するリンク集
キャリアアップに役立つ関連資格情報

■ガイドメールマガジン登録
栄養士・管理栄養士情報を月2回お届けしています。ご登録はこちらからです!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。