これまで、多くの人のキャリアステップを取材する中で、気づいたことがあります。
それは、狩猟型で進んできた人と、農耕型で進んできた人がいるということ。

今回は、こうした人たちのキャリアステップを参考に、自分のタイプに合ったキャリアアップのコツを考えてみましょう。


狩猟型キャリアアップ Aさんの場合


22歳(大学卒業):入社予定だった会社が倒産。あわてて就職先を探し、広告代理店で契約社員として働き始める。仕事は庶務。
  ↓
24歳:このまま庶務をしていても何も身につかない。手に職を付けたいと、勤めていた広告代理店と取り引きのある広告制作会社に「働かせてほしい」と直談判。「アルバイトからなら」と言われ、転職する。
  ↓
27歳:コピー取りから始まり、徐々に広告制作のノウハウを身につけた結果、ディレクターに昇格。担当クライアントを持つようになる。
  ↓
30歳:広告制作から宣伝の戦略作りに興味が広がり、転職を決意。活動の末、宣伝企画職として転職を果たす。
  ↓
32歳:宣伝企画のノウハウも身に付けたと感じ、独立。フリーの広告ディレクターとして活動。

Aさんの転機は、24歳、30歳、32歳の3回。
いずれも、「自らの意思」で動いています。
しかも、30歳、32歳においては、「これは得た。できるようになった。だから次の何かを得よう」という発想で動いています。

つまり、「得たいと思っていたものを得た」と自分で確信するたびに、次に手にしたいものを見つけ、それに向かって能動的に動くというAさんのキャリアアップは、狩猟型と言えると思います。


ガイド・泉が考える
「狩猟型でいいキャリアアップをする人の特徴」

●「私のやりたいことはこれ!」とハッキリ言える
●「私はこれが得意。これは身に付けた」と自分で答えが出せる
●目指す業界の人と仲良くなるなど、目的に向かって意図的に行動できる

狩猟型キャリアアップのコツ

狩猟型の人は、自ら道を切り開くことができる人。
その力は、目標を持つことによってより大きく発揮されます。
そのためにも、「やりたいこと」を見つけることが大切。
ここから始めてみましょう。



次のページでは、農耕型の例と特徴を紹介しましょう。