面接での質問
面接の本来の目的と大きくはずれるような質問には、「それは、ちょっとプライベートなことなので」と丁寧に返答を断りましょう。勇気のいることではありますが。

会社の面接で“聞いてはいけない!”

面接は、応募書類や筆記試験では、判断できない人となりと見るためのものとし、質問は、「能力・適性に関する内容に限る」と、厚生労働省から指針が出ています。以下のような質問は、面接の場でしてはいけないことになっています。

本籍、出身地など居住環境
本籍はどこか、現住所について詳細に聞くなどはNG。また、どの辺りに住んでいるのかなど、居住地が特定できるようなことは、聞いてはいけないことになっています。

家族関係・家族の資産・成育歴
両親や夫の学歴・職業・地位・収入など。また生い立ちなども適性・能力には、なんら関係ありません。また、持ち家、あるいは借家かなど、その家庭の資産などについて聞くこともNGです。

セクハラ質問
未婚の方なら、結婚の予定とか、彼氏はいるのか、あるいは、未婚・既婚問わずスリーサイズを聞くなど。また、既婚だけれどまだ子どもがいない人に対して、子どもは作らないのかなど、就職に何の関係があるのかと言いたくなりますが、こうしたことを普通に聞くところは、まだまだ多いようです。(用意する制服のサイズを知りたいから、スリーサイズを教えろと言われた人もいます。洋服のサイズを面接官に言う必要があるのでしょうか!?)

宗教・支持する政党
所属する宗教、また、政党なども聞いてはいけないことになっています。

意外なところでは、「尊敬する人物」や「友人関係」についても不適切な質問に挙げられています。会社の面接において、プライベートな質問をされた場合には、自分が答えても大丈夫だと判断できることなら、問題ありませんが、もし不快に感じたり、不適切だなと感じた場合は、「プライベートなことなので、お答えを控えさせていただきたいと思います」と言うこともできます。

ただ、気をつけなければいけないのは、趣味や得意なことから、その人となりを判断しようとする場合や、面接者の緊張を解きほぐすための質問であることもあります。あまり神経質にならず、無難な回答で逃げることもできますから、その辺りは、大人の判断を。



”聞いていはいけない質問”を集めてみましたが、結局「人から聞いてはいけないこと=自分は、聞かれたくないこと」と心得れば、良いでしょうか。でもある程度は、お互いのことを知らないと、それ以上深めようがないのが人間関係。サジ加減が難しいですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。