【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

男性が年上女性に言ってはいけない言葉

ビジネスにも役立つ? 年上女性がイラッとくる言葉や言い回しとは?

ビジネスにも役立つ? 年上女性がイラッとくる言葉や言い回しとは?



年上女性と年下の男性の恋愛を描いたドラマや映画なども増えていますが、恋愛やビジネスの場でのコミュニケーションとして、年上の女性に言ってはいけない言葉があります。

次に挙げる言葉も、とくに悪気なく、むしろ親近感を表す言葉として発していることもあると思います。しかし、異性コミュニケーションについての理解がないと相手を怒らせたり、傷つけたりすることが多いのも事実です。

今回は、「男性が年上女性に言ってはいけない言葉」についてお伝えしていきたいと思います。

1.「お母さんみたいだね」

少し話をして、安心感を覚えて「ほっ」とした時や交際して居心地がよくなった時に、このような言葉を最大限の誉め言葉として使う人もいるかもしれません。手料理を食べたとき、身の回りのことをしてくれたときに、ふと口から出ることがあるかもしれません。

しかし、この言葉は注意して使うことをおすすめします。なぜなら、お母さん=恋愛対象ではないという宣言か? または「年配のお世話役」として見ているということ? という風に受け取られかねないからです。

そもそも出会いの場であれば、女性は「あなたのお母さん」ではなく、「恋人や結婚相手としてのパートナー」として見てほしいはずで、このような表現は避けたほうがいいでしょう。

「家庭的なんだね!」と言い換えてみたり、「ありがとう(おいしい、助かった)」などに留めるほうがよいでしょう。安心感を覚えても、新しく出会った女性や、恋愛・結婚のパートナーになり得る相手には特にそのように接してみてください。

また同世代なのに「お姉さん」ですらいやだという意見もありますのでこちらも気を付けて下さい。

2.「意外と若いですね」

未婚女性の場合、出会いの場で「年齢を聞かれたくない」と言う意見があります。これは男性もご存知だと思います。年齢をストレートに聞くのは避けようと思っていたとしても、例えば仕事の経歴や、懐かしい話題について質問をするときに、つい「年齢は何歳? けっこう年上ですね」と言ってしまうことがあるかもしれません。もし、つい聞いてしまった場合、その女性が若く感じたようならば、年齢より若く見える旨を言葉でしっかりと伝えましょう。「年下かなと思っていたけれど、もしかして年上ですか?」という風な言い方を試してみてください。

一方で、「意外と若いですね」など若さを褒めたつもりがアダになるケースもあります。

例えば、服装や髪型などの印象や趣味などを好きでやっていることなのに、「若い」と言われても「若作りのつもりではないのに」と困惑してしまう人もいるでしょう。

ちなみに既婚女性の場合には正直年齢は気にしてないという意見もありますが恋愛や婚活の現場では、年齢を気にされる傾向があります。


3.「もう自分は歳を食ったおじさんだからダメだ」

自分のほうが年下だと分かっている場合、自分より年上の女性を前にしているときにこのような発言をするのはNGです。

また、老害やロートルなど「時代遅れで使いものにならない年寄り」といった意味の言葉を、仕事の場で自虐の言葉として使う男性は意外といますがこれも注意が必要です。

どんな言葉も、自虐として言っているつもりでも、年齢に関する発言の場合、さらに年上の相手は「あてつけ?」と思われる危険性があります。


4.「アラフォーの人って……」

実際に30~40代だとしても、20代などから「アラフォーってこうですよね」とまとめられると、壁を作られているようでイヤだという意見があります。

このような言葉は一人の「人」を尊重するという意味でも、使用するときには相手の気持ちを考えて充分に気を付けて発言することが重要です。


逆に、年下の男性がしたほうがいいこと、言った方がいいこと

失礼かも……と考えすぎるより、年齢を気にしない関係性を築くのも手

失礼かも……と考えすぎるより、年齢を気にしない関係性を築くのも手


逆に年齢を気にしていないことが伝わる言い方や態度は好感を持たれます。

例えば、最初は年上として敬意を示した「ですます」調で話しますが、だんだん仲良くなったときに、ふとフレンドリーな言葉が出ると好印象になることも。

年上の女性と関係性ができたら、あえて敬語を使いすぎないで話す事により、年齢を気にしないで「一人の女性」として見られていると感じて貰えることもあるでしょう。


対年上女性に対してのコミュニケーション

基本的に女性は男性に比べて、いくつになっても若々しくきれいでいようと何かしらの努力しているものです。だからこそ、年齢を重ねていることをネガティブにとらえているように伝わってしまう言葉は基本的にNGなのです。「このように受け止められかねない」という風に想像力を使うことが重要です。

人は誰しも、自分が一生懸命やっていることを褒められるとうれしいもの。彼女には「いつもきれいだね」と頑張っていることを褒めるつもりで言葉にして伝えてみてください。彼や夫が髪型やメイクを変えても気づかない、と怒る女性は多いですから、とにかくきれいだなと思ったことを指摘するのは意外と有効です。

異性とのパートナーコミュニケーションを理解するのは、恋愛やビジネス、独身、既婚に限らずより異性と親密になることが可能になるので非常に重要な能力と言えます。

以上のことを踏まえて、年上女性と仲よく過ごしてみてください。夫婦間コミュニケーションにも活用できるはずです。あなたの可能性を信じております。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。