【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

あなたが2軒目のデートを断られる理由

脈ナシ?食事デートで2軒目の誘いを断られる理由とは

脈ナシ?食事デートで2軒目の誘いを断られる理由とは


食事デートはお互いを知ることができる絶好のチャンス。食事中のコミュニケーションで盛り上がれば、2軒目で異性として見てもらえるように、グッと距離を縮めたいと考えるものです。しかし、「用事がある」「門限がある」「今度はみんなで遊びましょう」などと言って、あっさり断られてしまうことはありませんか。

なぜ2軒目のOKがもらえないのでしょうか。食事デートで2軒目に行けない人の主な原因を4つ挙げていきましょう。また、それぞれの対処法もお伝えします。


1.人間力がないと思われている

人間力のない尊敬出来ない人とはまた会いたいとは思われないでしょう。または嫌な感情を相手に与える人と言っても良いかもしれません。例えば、人の悪口を言う人や時間を守らない人などはこのような理由が考えられます。 このような人はデートでの言動を見直して、基本的なことに気を遣えるようになっていきましょう。

2.男性として見られていない

食事でとてもいい印象と相手に思ってもらえているのに「2軒目に行きませんか?」といった瞬間になんだか気まずい雰囲気になるのは、あなたを男性として見ていない可能性が高いでしょう。女性は男性より友達から付き合う傾向が少なく、「友達だと思っていたのに、下心があったなんて……」とマイナスに受け取られてしまうことも。これはすでに脈ナシ可能性が高いです。

このような人は、普段から彼女をリードする行動を心がけることが重要ですが、もう立て直しが難しい状況であれば、今回は諦めて、次に出会う女性には、異性として見てもらえるようなアプローチを序盤から始めるのが良いでしょう。


3.身の危険あると思われている

人は警戒心を抱いている状態であれば、もっと仲良くなりたい、ましては2人っきりで2次会に行こうなんて思えません。普段から行動や発言が粗暴であったり、第一印象や周囲の噂を総合的に見て、遊び人であったり、自分をだましたり傷つけてくる人間だと思われているのかもしれません。
このような場合には、まずは二人っきりになろうとするのは間違いです。まずは警戒心を解けるように、自分のことをより知って貰うことです。それまでは「みんなで」に応じるしかないでしょう。


4.2軒目デートも退屈だと思われている

女性からすれば「チャンスがあれば……」なんて期待されたくないという心理の表れ?

女性からすれば「チャンスがあれば……」なんて期待されたくないという心理の表れ?


1軒目の食事が退屈であれば、2軒目のデートまで過ごす必要がないと思うのは当然です。あなたは1軒目のデートで相手を楽しませることができましたか? このような人に面白いデートをするべきと言っても酷なので、まずは「自分の魅力」ではなく「店の魅力」を伝えるなどして、今後は楽しいデートができそうという雰囲気を感じてもらう誘いを交えることが重要です。

ここまで、食事デートで2軒目に行けない人の原因を挙げていきましたが、今からできる対策は下記だけです。

■今回は諦めて別のチャンスを待つこと
■あなたの魅力を上げること

シンプルな対策ですが、同じことを繰り返さないようにすることが重要です。今よりもっと魅力を感じてもらうために、事前に考えて対策を講じておくということです。いずれにしても2軒目に来てくれないのはその場の誘い文句やお店のチョイスというよりは、それまでの恋愛コミュニケーションが重要であるということ。ご自身のコミュニケーションを見直すきっかけにし、恋のチャンスをつかんでいきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。