【紅茶・パン教室主宰】山口優子さん平日は企業へ勤務。週末は自宅で紅茶とパンの教室「Petit A Petit(プティ・タ・プティ)」を主宰。ティーインストラクター。
話 題 度  ★★★★☆
難 易 度  ★★☆☆☆
かかる費用 ★☆☆☆☆

今、人気が高まりつつある「サロン主宰」「教室主宰」。仕事をしながら好きなことを学び、いずれは自分の教室を開きたいと思っていらっしゃる女性も多いようです。

そこで今回は、平日は企業に勤務し、週末は自宅で紅茶とパンの教室を開いている女性をご紹介します。なぜ教室を開こうと思ったのか? その答えは、とても自然なものだったそうです。その答えは、インタビュー記事の中に。それでは、さっそく記事を、ご覧ください。

もくじ

レッスン風景のレポート
■インタビュー記事
教室を開くまでは、どんな仕事をしていましたか?
なぜ、紅茶とパンを学び始めたのですか?
学んだ方法と、学ぶためにかかった費用は?
教室をはじめようと思ったキッカケは?
教室をはじめた際の告知方法は?
仕事と教室を両立するために、気をつけていることは?
教室をはじめて、よかったことは?
教室をひらくのに、向いている人は?
これから教室を開きたいと思っていらっしゃる方へ

次ページ レッスン風景のレポートはこちら