問題点は完全に解決して引き継ぐ

業務を引き継ぐ側にすれば、他人の責任によるトラブルまで引き継がされるのではたまったものではありません。これまでの業務に関して未解決の問題があれば、それは退職するまでの間に自分の責任で完全に解決しておかなければなりません。

現在は問題とはなっていないものの、いずれは問題が起きることが予想されることについても、事前に対処できるものなら、退職までにできる限りの対策を打つと同時に、後任者や上司にもその問題点を報告しておくべきです。ここまでしておけば、退職した後になってまで責任を押し付けられる心配はなくなるでしょう。

取引先には後任者を連れて挨拶まわりを

営業職や受注業務を請け負っている人などクライアントを抱えている人は、これら外部の人への挨拶まわりも欠かせません。後任者を紹介するだけでなく、退職までの間に何回かは、打ち合せや契約などの場に立会い、後任者と2人で取引先に対処していくことべきです。

こうすることによって、取引先に対しては、業務の引継ぎが問題なく進んでいるということと後任者の信頼性についての安心感を与え、後任者に対しては、取引先との新しい人間関係をスムーズに成立させていくための仲立ちができることになります。

上司にも引き継ぎ内容を具体的に報告

引継ぎが完了したら、上司に完了した旨を報告します。この場合、終わったことを伝えるだけでなく、どういう形で引き継いでもらったのか、できるだけ具体的に報告し、上司に理解を求めます。

後任者に渡した引継ぎノートをコピーして上司にも提出しておくと、上司にとっては、いざというときに後任者への指示を出しやすくなります。後任者としても、上司が責任の一部でも担ってくれることになれば、気分的に楽になるでしょう。

完璧を期したつもりでも、どこかで抜け落ちていることもありえます。そこで、退職後に問い合わせたいことが生じたときのために、上司に自宅あるいは携帯の電話番号をメモして渡しておくことも忘れないでください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。