お世話になった人の「退職挨拶」への返信

お世話になった人への「退職挨拶」の返信

退職の挨拶状の返信をする場合、相手が目上の方ならば失礼にならないように、より言葉遣いにも注意したいものです

「退職しました」という旨の挨拶状が届いたら、これまで恩義を受けた人や仕事上でお世話になった人には、きちんと返事を出したいものです。しかし、気持ちはあっても、実際に書くとなりますと何から書き始めていいか言葉が思い浮かばないということもあるでしょう。

そのような場面での、文例と注意点を見てみましょう。

<目次>  

退職挨拶の返信 基本構成

  1. 退職挨拶を受けたことへの言葉
  2. 在職中の相手の業績を称える言葉、これまでお世話になったことへの感謝の言葉
  3. 今後への思いや相手の健康を気遣う言葉……など

次に、実際の文例を見てみましょう。
 

文例1:定年退職する取引先の相手へ 

拝復 このたびはご丁重なるご挨拶を頂戴しまして、まことに恐縮に存じます。
おつきあいをいただいてから○○年になりますでしょうか。それまでどれほど
お世話になりましたことか。ご無理を申し上げたにもかかわらず、私どもの
窮地を察してお助けくださいました○○の折のことなど、思い起こしては
ありがたく、感謝に堪えない気持ちでございます。
これまでお教えいただきましたお気持ちを胸に、私どもも業務に邁進し、
お心を引き継いでまいりたいと思っております。           
御厚意の数々に、あらためて御礼申し上げます。      敬具

 

文例2:定年退職する取引先の相手へ 

拝復 このたびは定年退職をお迎えとの丁重なご挨拶状をいただきまして、
恐れ入ります。 ○○年の長きにわたり、○○の製品化に携わってこられました
こと、そのご功績、おうわさはかねてより伺っておりました。
そのような坂井様と、ご縁があってこうして業務をご一緒することができましたのは、私にとって何よりの宝物でございます。 
御高誼に心より感謝申し上げます。

 

文例3:退職と起業挨拶への返信(メール返信)

山本 優花様

このたびは、お忙しいなかご挨拶をいただきまして有り難うございます。
編集部におじゃましても、山本さんのお姿が拝見できなくなってしまうのは
残念ですが、以前からお聞きしていたことですし、お母様を手伝って
念願のお店をオープンなさるなんて、すばらしいことと思っております。
お母様もさぞご安心なさってお喜びのことと存じます。
オープンの折には教えてくださいね。
こんどはお店でお会いできるのを楽しみにしております。

 

退職挨拶の返信をする際のマナーと注意点

中途退職や起業挨拶であれば、これからの新しい仕事の成功、活躍を祈る言葉などが加わります。定年退職の場合は、これまでの業績を称える言葉や勤務をねぎらう言葉が入ることもあるでしょう。

しかし、相手の人が目上の場合は、称える、ねぎらうという行為がそもそもしっくりこないため、言葉の使い方によっては失礼になりかねません。そのような場合は、業務や苦労をねぎらうよりも、お世話になった感謝の言葉に重きを置くほうがスマートにまとまるものです。

相手との関係や内容に合わせて、うまく選り分けましょう。

<関連記事>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。