教職大学院って何だ?

image
教育現場における先生の「指導力不足」が問題視されている
2008年4月から、教員養成を目的とした教職大学院がスタートする。この教職大学院は、2003年(平成15年)に創設された高度専門職業人の養成に特化した専門職大学院制度によるもので、既に専門職大学院としては、法科大学院・会計学大学院知的財産大学院などが誕生している。

最近、教員の指導力不足が問題視されているが、教職大学院は次の2つを柱とした人材育成を行い、教員養成教育の改善・充実を図るねらい。

【教職大学院の目的】
1.実践的な指導力を備えた新人教員の養成
2.現職教員を対象に、スクールリーダー(中核的中堅教員)の養成

では実際に教職大学院は何が特徴なのだろうか?

・教職大学院で「小学校教員免許」が取れる?→次のページへ
・来春開校予定の教職大学院一覧→3ページへ