All About読者アンケート「家選びでゆずれない点は?」にたくさんのご投票をいただき、ありがとうございました。上位にはどんな項目がランキングされているのか、さっそく10位からみていきましょう。

10位 駐車場
クルマ生活者にとって駐車場の確保は重要課題
クルマ生活者にとって駐車場の確保は重要課題

■「部屋数なみに台数が確保されているか、また、立体駐車場なのか、など、車が生活に欠かせない者には必須項目です」(30代男性/大阪府)
■「車無しの生活は考えられない(アウトドアなどで、荷物をたくさんもって移動がたびたびある為)」(30代女性/神奈川県)
■「クルマは家の次に高価な動産だから」(40代男性/東京都)
■「大切なバイクをしまうため、広い車庫がほしい」(50代女性/埼玉県)

クルマを愛する人、郊外などでクルマなしでは生活が成り立たない人にとって、駐車場が確保できるかどうかはまさに死活問題。マンションの場合は敷地内の駐車場が総戸数の何%用意されているのか、使用料はいくらか、自分の手持ちのクルマが入庫できるかどうか、などをチェックしましょう。使用料が格安または無料の場合、駐車場のメンテナンス費用をどうやってまかなうのかも確認してください。

9位 広さ

■「狭いと気分がよくない。長く住むならある程度の広さは必要」(30代男性/富山県)
■「ガーデニングが趣味なので、庭ができる広さがなければ」(20代女性/高知県)
■「間取りの変更はおおむねリフォームでOKできると思います。 が・・・全体の広さが足りなくては何をしても不可能!」(50代女性/愛知県)
■「ずっと狭い家で暮らしてきたので、広さに憧れます。気持ちが全然変わる気がします」(30代女性/北海道)

どのくらいの広さがあれば納得できるかは、人やエリアによって差があります。今回、コメントを寄せてくれた人の多くは、住宅の平均面積が広そうな地域にお住まいでした。広さへの欲求は根強いものがあるということでしょうか。「広すぎても狭すぎても不便」(60代以上男性/山梨県)と、広すぎを敬遠する声は少数派でした。

【関連記事】
住戸の広さや高さはどのくらいあればいい?

8位 価格

■「返済可能な金額でないと困る」(30代女性/東京都)
■「これがないと実際問題、買えません。ローン組むにしても普通の人間は何十年と払い続ける訳だから、賢く買い物をしないとね」(30代女性/千葉県)
■「借金は少なければ少ないほどいいので」(30代女性/広島県)
■「身の丈にあった返済計画を立てる上で,価格が一番重要」(30代男性/福島県)
■「やはり長期的に支払いをしなければならないものなので、途中で支払いが不可能になって手放すような事がないようにするためには価格は譲れないと思います」(30代女性/兵庫県)

30代の、特に女性は先立つものにシビアなようです。住宅ローンで返せる額から予算を考えるあたりは堅実そのもの。最近は頭金が2割なくてもお金を貸してくれる金融機関が増えました。頭金不足で買ってもかまいませんが、無理な返済計画は禁物。30年前後の長期間にわたって返済していくのは自分自身なのですから、自分の返済能力を冷静に判断することが肝心です。

【関連記事】
消費税アップでマンション価格はどうなる?

7位 収納

■「物をしまえて部屋はすっきり見せたい!」(30代女性/埼玉県)
■「とにかく収納がなければ、物を隠すことができないので。 見せて収納するのは好きではないので、とにかく隠したいのです」(30代女性/鹿児島県)
■「いつも物があふれているとストレスがたまるから」(40代女性/千葉県)
■「あまり見えるところに物を置きたくないので。ウォークインクローゼットなんてあったら最高ですね」(30代女性/宮城県)

収納を確保して部屋をスッキリ片づけたい! というのは女性ならずとも抱く願望です。マンションの場合は床面積に占める収納面積の比率(収納率)は一般的に7~8%が目安とされているので、希望の物件で確かめてみてください。

ただし、

■「捨てられないものが沢山あるから」(40代女性/福岡県)
■「持ち物が多いので」(40代男性/東京都)
■「なかなか捨てられない性格なので」(30代男性/愛知県)

といった理由で収納を増やすのは考えものです。収納に必要な床面積にも、居室と同様にコストがかかっているのです。新居に引っ越すのを機会に、使わない「思い出の品」を思い切って処分することも考えましょう。


つづいて、6位~4位を見てみましょう。