諸費用も含めて1000万円以上の貯金が必要!?

頭金は価格の2割以上が目安だが……
頭金は価格の2割以上が目安だが……
よく「頭金は価格の2割以上あると安心」などと言われますが、価格の2割の自己資金を貯めるのはそう簡単ではありません。例えばマンション価格が4000万円だとすると、その2割は800万円です。税金やローン費用などの諸費用分も含めると1000万円程度は貯金しておく必要があります。コツコツと積み立てていたのならともかく、短期間でそれだけの額を貯めろと言われても困ってしまうのではないでしょうか。

でも、マンションは「ほしいと思ったときが買い時」とも言います。頭金を貯めてから買うのもいいのですが、今よりもっといいマンションに出会えるかどうかは分かりません。なにより、頭金を貯めている間にマンション価格や住宅ローン金利が上昇してしまい、かえって負担が増えてしまう可能性だってあるのです。では、貯金が少なくてもマンションを買うにはどうすればよいでしょうか。

貯金に合わせて予算を調整する

まず考えられるのは、予算を調整することです。仮に貯金の中から頭金として500万円出せるとすると、その500万円が購入価格の2割になるようにするには予算を2500万円に設定すればよいことになります。その場合、住宅ローンを2000万円借り入れれば足りる計算です。

2500万円で新築マンションを買おうとすると、首都圏ではかなり物件が限定されてしまいそうです。でも、中古マンションならこの価格でも選択肢が広がります。築年数や広さを多少妥協すれば、希望の場所で見つけることもできるかもしれません。ただし、貯金が500万円に満たないケースではこの方法は難しいでしょう。

未完成物件で入居までにお金を貯める

次なる手としては、やはり貯金を増やすことが挙げられます。といっても今すぐ貯めるのは難しいので、入居までの期間を利用するのです。大規模な未完成マンションの場合、契約から入居まで1年以上かかるケースも珍しくありません。なかには1年半くらいかかる場合もあります。

1年半のあいだ貯金に励めば、かなりの金額を貯められます。月々10万円ずつ貯めるとして単純計算で180万円ですから、頑張りしだいでは200万円くらい貯めることも不可能ではないでしょう。頭金が200万円増えることを前提とすれば、予算を1000万円アップさせることも可能です。

少ない貯金でマンションを買う方法はまだあります。