ボストン コンサルティング グループは、経営戦略に焦点をあてた世界初の経営コンサルティング会社。意外と知られていないことだが、歴史ある同社2番目の拠点が東京事務所である。2003年には名古屋にも事務所を設立。水越豊氏は2005年1月、その両方を率いる日本代表に就任した。一流コンサルタントの原点に迫る。


最初は製鉄所勤務

ボストン コンサルティング グループ 日本代表 水越 豊 氏
ボストン コンサルティング グループ 日本代表 水越 豊 氏 1956年生まれ。東京大学経済学部卒業。80年新日本製鉄入社。88年スタンフォード大学MBA。90年ボストン コンサルティング グループ入社。2004年シニア・ヴァイス・プレジデント就任。05年1月日本代表就任。参考記事『それなりの人、ならではの人』 著書に『BCG戦略コンセプト』がある。参考記事「それなりの人、ならではの人」 
新卒で新日本製鐵に入社した水越氏は、八幡製鉄所に配属され、組織設計や管理の仕事を担当することになった。八幡製鉄所は、新日鉄の1つの工場とはいえ従業員数は1万人を超え、主な事業所だけで20カ所以上という巨大組織である。しかも同製鉄所は自動車用、建材用などの多種多様な製品を作るため、原材料の成分から溶解・圧延といった細かなプロセス管理が必要だった。それだけにある工程を1カ所にまとめるか、それとも各事業所ごとに分けるべきかといった組織運営上の問題が常に発生していた。この巨大で複雑な組織を効率運営するために、組織のあり方を専門に考える役割を担っていた。

知的好奇心が刺激される面白そうな仕事だが、意欲に燃える新人水越氏に大きな壁が立ちはだかっていた。それは検討・判断の結果、縮小や見直しが必要となった部門の部門長たち。部門長にとっては、新人の判断によって自部門が消滅する恐れもある。組織全体にとって正しいことも、各部門にとっては不利益であることが多いのだ。

>あなたは上司に「NO!」と言えるか?