いよいよ手帳の季節!

GMOインターネット熊谷正寿社長と手帳 「ぶ厚い!」
GMOインターネット熊谷正寿社長と「ぶ厚い!」手帳 詳しく
書店や文具店の店頭で「手帳フェア」が開催される季節になりました。そろそろ「来年の手帳はどうしようかな?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

これまで本コーナーでご紹介した成功者の多くは、手帳を単なるスケジュール管理に留まらず、キャリアプランニングの有力なツールにしています。

そうした方々の話を聞くたびに、やはり手帳はビジネスパーソンにとって欠かせないツールだと思います。


<「過去記事」より>
・人生の求道者、熊谷正寿氏の手帳術に迫る!
クマガイ式「成功哲学の真髄」
・ワタミ渡邉美樹社長の「燃える手帳」と「日々の習慣」
ワタミ渡邊社長「夢の日付」手帳

テンポスバスターズ森下篤史社長
テンポスバスターズ森下篤史社長 会社勤めで「1億円の資産」を築いた錬金術とは?
とはいえ手帳というのは、使い手の「個性」と表裏一体のもの。一般に優れていると言われている手帳でも、自分に合うとは限りません。

そこで本コーナーでは多くの方の手帳と活用法の紹介を通じて、自分に合った手帳を見つけるお手伝いをします。

今回は「トップセールス列伝Vol.1」にご登場いただいた、テンポスバスターズ森下篤史社長の『9マスメモ』をご紹介します。

そして、会社勤めをしながら1億円の資産を築いた、森下社長の「錬金術」とは―――。