年末年始じっくり考える
■年末年始はキャリアをじっくり考えるチャンス
今年の年末年始休暇は日数が短く、正月を自宅で過ごす人も多いようです。そんな正月休みを少しだけ、将来のキャリアを考える時間にしませんか?

ガイドが取材した上場企業のトップや人事コンサルタントに“有意義な年末年始の過ごし方”を質問しました。

「キャリアプランの達人」たちの長期休暇の活用法を、皆さんのキャリアを考えるヒントにしてください。

第1回は、年末年始を「キャリアの棚卸し」「語学・資格の学び」に活用しよう、と提案するヘッドハンター備海宏則さんです。

キャリアの年末総棚卸し

ヘッドハンター備海宏則さん
■ヘッドハンター備海宏・さん「職務経歴書を書きましょう」
ヘッドハンターの備海宏則さんは「年に1度の大掃除」のように“キャリアの総棚卸し”を実施すべきだという。

「年末年始は日常から開放されて、3年・5年後の中長期的なキャリアを考えるチャンス。その前提になる作業が“キャリアの棚卸し”です。棚卸しで『できたこと』と『できなかったこと』をあらためて振り返りましょう。すると自然に、キャリアの方向性や展望が見えてくると思います」

“キャリアの棚卸し”とは、一体どんな作業なのだろうか?

一般に専用のワークシートを作成するなど、何種類か方法はある。ここで備海さんがお薦めする棚卸し法は、自分の「職務経歴書を書く」ことだ。

職務経歴書は、転職活動をする人が、自分の職務経験を説明するために作成する書類だ。転職活動は職務経歴書で決まるといえる重要な資料。逆にいえば、これほどコンパクトに個人のキャリアを要約した書類はない。

転職しない人も職務経歴書を書けば、今までのキャリアを一覧にまとめ整理できる。自分のキャリアを鳥瞰(ちょうかん)すると、自分が『できなかった』ことも一目瞭然になる。

続けて備海さんは、次のようにアドバイスする。

「棚卸し用の職務経歴書は、自分が経験した仕事を“全部”書くのがポイント。さらに職務経歴書を毎年更新すると、自分の1年間の成長が手に取るように分かります」

転職活動で使う職務経歴書は、応募する企業の特徴に合わせて作成する。棚卸し用の職務経歴書の場合は、転職用では省略するような仕事も記載しておくべきだ。そういう仕事が案外「キャリアの分岐点」だったりするかもしれないのだ。

職務経歴書に慣れていない人のために、書き方を解説する厳選リンク集を作成しました。企業が実施する「キャリア研修」でも、最初に職務経歴書を書かせるそうです。

厳選リンク集:職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方
■リクルートエージェント:職務経歴書の書き方
リクルートエージェント:[職務経歴書の書き方]
職種別の記載例が豊富。人事へのアピールを売りにしているが、キャリアの棚卸しが目的なのをお忘れなく。

職務経歴の書き方[リクナビNEXT]
職務経歴書の様式である「編年体式」「キャリア式」の違いや確認ポイントを詳しく解説。

>>>次ページ、年末年始を「語学や資格を学ぶ」時間にするヒント>>>