布のつなぎ合わせ方

シュシュを作るには、細長い長方形の布が必要になります。長さが足りない場合は、以下の手順で布をつなぎ合わせてください。

シュシュ手順1

2枚の布を中表に置き、縫い合わせます

1:2枚の布を、中表(布の表側が内側になる)に合わせます。合わせた箇所の内側1cmほど(画像の白い線)の線を縫います。

 

シュシュ手順2

縫い代にアイロンをかける場合は、布によっては、あて布をしてください

2:アイロンなどで縫い代を左右に開きます。画像は表側から見たところ。必要な長さになるまで、同じ作業で布をつなぎ合わせていきます。

 


シュシュの作り方

画像はリボンを挟み込んでいますが、リボンを挟まない場合も、手順2以外の作り方は一緒です。

シュシュ手順3

細長い長方形の布を準備します

1:布を準備します。サイズ(縫い線)は約50×10cm 。周囲に縫い代を1cm程とって、布を裁ちます。

 

シュシュ手順4

リボンを挟む場合は、ここで布にリボンを置きます

2:リボンを、布の表側に置きます。今回は幅1.5cmのリボンを使用。シュシュ本体の長さと同じだけ準備します。画像のように、シュシュ本体の上端から数ミリ下に、リボンを置きます(リボンがシュシュ本体の縫い線より外側になります)。リボンを挟まない場合も、以下の手順は同じです。

 

シュシュ手順5

入れ口になる辺を、内側に折ります

3:片側の端を、画像のように、1cm内側に折ります。ここは入れ口になる所です。リボンを付ける場合は、リボンも一緒に折ります。

 

シュシュ手順6

布を半分に折ります

4:布の表が内側になるように、布を半分に折ります。 リボンは内側に挟まった状態です。縫い線(画像のピンクの線)に沿って、縫っていきます。手縫いの場合は、なみ縫いで。縫い目が大きくならないよう、丁寧に縫ってください。挟み込んだリボンも、縫い目を落とさないように、一緒に縫います。

 

シュシュ手順7

筒状になるように縫います

5:縫い終わったところ。ちょうど、細長い筒状に仕上がっています。

 

シュシュ手順8

布をひっくり返します

6:布を表側に、ひっくり返します。

 


シュシュ手順9

ゴムを通します

7:ゴムに安全ピンなどを着けて、入れ口から通していきます。片側の入れ口の布端はそのままですが、もう片方は入れ口が内側に折ってあります。

 

シュシュ手順10

ゴムを結びます

8:ゴムを通し終わったら、ゴムをしっかり結びます。ゴムの長さはお好みですが、だいたい手首と同じ輪になるぐらいを目安にしています。

 

シュシュ手順11

入れ口をたてまつりで縫い合わせます

9:内側に折ってある方の入れ口を、もう片方にかぶせます。たてまつりなどで、合わさった箇所を縫い合わせます。

 

シュシュ手順12

たくさん作って、プレゼントにしても

10:出来上がり。画像上のシュシュは、黒のサテン地にリボンを挟んだもの。左下は使わなくなったスカーフで、右側は古着の長袖Tシャツの袖部分を利用しました。

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。