シャワー(水栓)は、清潔さはもとより心地のよいバスタイムを実現するアイテムのひとつ。最近では、スプレーやミスト、マッサージなど、さまざまな水流を楽しむ多機能シャワーも多くみられるようになりました。ここでは、知っておきたい多機能シャワーの種類や特徴、選び方のポイントなどをまとめました。

水量や水流の種類を変えることで心地よさもアップする

ノズルの回転による水流が断続感ある強い浴び心地。スプレーとマッサージに切り替え可能。[ワンダービート クリックシャワーundefinedメタル調]undefinedTOTOundefinedhttp://www.toto.co.jp/

ノズルの回転による水流が断続感ある強い浴び心地。スプレーとマッサージに切り替え可能。[ワンダービート クリックシャワー メタル調] TOTO

多機能シャワーとは、文字通り、さまざまな機能を持つシャワー(シャワーヘッドもしくはシャワーそのもの)のこと。基本的には、水量や水流の種類、強さなどを変えることができるシャワー水栓を指します。

たとえば、霧雨のような細かな水流や大粒のシャワー、打たせ湯のような強い吐水やマッサージ効果を持つような水流など。効果的に身体を温める吐水方法などもあり、各メーカーや商品ごとにさまざまな工夫が施されています。

最近では、節水機能を高めたタイプが主流となり、シャワーヘッドにオンオフや流量を調整するスイッチがあるタイプ、水に空気を含ませるなどして、節水をしながらもたっぷりとした浴び心地を確保したタイプなどもみられます。手元にスイッチがあるものは、小さなお子さんのいる場合や介護の場などでも便利に使うことができるでしょう。

シャワー水栓を選ぶ際、実際には、設定された標準的なシャワーヘッドから機能性を高めた多機能シャワーに変更(グレードアップ)するケースが多いでしょう。新築やリフォームでは多くの方が取り入れるシステムバスでは、設置できるシャワー水栓が決められているので、こだわりがある場合には、どのようなシャワーが設定されているのか、事前に確認しておくことも大切です。

デザイン性もアップ。注目されている天井からの水流

システムバスに美しく組み込まれたシャワー。身を包み込んでくれるような、ボリューム感のあるオーバーヘッドシャワー、使い勝手のいいハンドシャワーも。undefined [スパージュ]undefinedLIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

システムバスに美しく組み込まれたシャワー。身を包み込んでくれるような、ボリューム感のあるオーバーヘッドシャワー、使い勝手のいいハンドシャワーも。  [スパージュ] LIXIL

多機能シャワーに限りませんが、シャワー水栓には、さまざまな形状のタイプがみられます。大きく分けると、日本で一般に用いられるハンドシャワータイプ、天井や壁などに固定されたタイプ。また、管状・プレート状・アーム状(シャワーバー、シャワーシステムなど)のものから水流がでるタイプもみられます。上からだけでなく横からの水流を楽しむことも可能なものです。

最近では、天井や高い位置に据え付けられ、頭上から全身を包み込むように降り注ぐ、さまざまな水流(オーバーヘッドシャワー)を楽しむタイプも注目されています。システムバスにも、オプションとして搭載できるデザインもみられるようになりました。その他、海外メーカーのものには独特の形状のタイプも多く、空間のアクセントとなるような個性的なデザインも揃っています。

座ってシャワーをゆったりと楽しめるタイプも

直線流と旋回流で円錐状のきめ細かなシャワーを実現。広範囲に身体を包み込むため、浴びるだけで暖かい。[在来工法浴室用undefinedTheシャワー]undefined パナソニックエコソリューションズundefinedttp://sumai.panasonic.jp/

直線流と旋回流で円錐状のきめ細かなシャワーを実現。広範囲に身体を包み込む。[在来工法浴室用 Theシャワー] パナソニックエコソリューションズ

立った姿勢で浴びるタイプだけでなく、椅子に座った状態で身体中にシャワーを浴びることができる商品もみられます。バーからの水流で、広範囲に身体を包み込むため、シャワーを浴びるだけで暖かくなるものです。

お湯をはる時間や浴槽につかる時間がなくても、ゆったりとした気分でお湯を楽しむことが可能。高齢の方でも安心して心地よくシャワーを浴びることができますし、介護の場などでも使い勝手がいいのではないでしょうか。

既存のシャワーヘッドを多機能シャワーへ交換も可能

新築やリフォーム時ではなくても、一般的な形状であれば、自分で既存のシャワーヘッドを多機能シャワーに取り替えることも可能です。DIYショップやホームセンターなどでも揃っていますし、水栓メーカーのホームページやネットショップでも購入することができます。

購入する際には、取り替えたいシャワーヘッドが既存のシャワーに取り付け可能かどうか、メーカー名や品番などの確認すること。海外製品やメーカーが異なる場合などでは、アダプターが必要になるケースもあるので、事前に取り付け方法をチェックしておくようにしましょう。

ライフスタイルや入浴スタイルに合わせてプランニングを

多機能シャワーを検討する際には、日々の暮らしの中でのシャワーの使用頻度や使い方、どのような機能を求めるのかを明確にすることが大切です。「さまざまな水流があっても、結局、いつも同じタイプしか使わなかった」「操作が面倒」「シャワー派だったが、新しい家になったら浴槽派になってしまった」など、せっかく、設置しても有効利用できない場合もあるようです。

選ぶ際には、必ずショールームで操作性やデザインを確認すること。実際の水流を試すことができるショールームも増えてきているので、それぞれ特徴をしっかりとチェックし、ハンドシャワーであれば、大きさや重さなど、家族みんなが使いやすいか、などを充分に検討するようにしましょう。また、忘れがちなのが、日々の浴室や浴槽の掃除の際にもシャワーを利用するということ。浴室や浴槽の汚れを落とす際に、扱いやすいか、設置位置なども含め確認しておくことも大切なポイントでしょう。


【関連記事】


匿名で優良会社にリフォーム相談!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。