本格的な移住には資金と覚悟が必要な上に、家族の問題などの様々なハードルが待ち受けています。気に入った移住候補地が見つかったら、何度も訪ねて確認したいのが人情。しかし、滞在期間が長くなったり頻度が多くなったりすると、当然、時間・費用の負担も多くなります。

移住前に欲しいライブな地域情報が手に入る、全国自治体の体験施設がおススメです。ライブな田舎暮らし体験こそ、本格移住成功の秘訣! 全国自治体の、お試し移住の体験施設をご紹介します。

↓全国お試し移住体験施設 バックナンバー↓
・全国お試し移住体験施設/北海道編
・全国お試し移住体験施設/東北編(岩手・山形・福島)
・全国お試し移住体験施設/関東編(茨城・群馬・東京都)
・全国お試し移住体験施設/甲信越編(長野・新潟)
・全国お試し移住体験施設/北陸・富山編
・全国お試し移住体験施設/東海編(愛知・岐阜)
・全国お試し移住体験施設/近畿編(兵庫・和歌山・奈良)
・全国お試し移住体験施設/中国編(鳥取・山口)
・全国お試し移住体験施設/四国編(愛媛・高知)
・全国お試し移住体験施設/九州編(佐賀・熊本)

お試し移住は、希望者・受入れ地域のための「お見合い」期間

写真はイメージです
田舎暮らしの潜在的な需要を本格的な移住へとステップアップさせるため、全国の自治体から多様な受け皿の事例が出てきています。

受入れ地域にとっては移住希望者が地域に馴染んでくれるか、田舎暮らしに向いているかどうかを判断することができ、一方、移住希望者にとっては、地域での暮らしを身をもって体験できるという「お見合い期間」となり、双方にとって大きなメリットとになるといえますね。

移住希望者にとってのメリット
・農家・別荘・古民家・コテージ・廃校活用・民間アパート・家庭菜園付きなど、自分好みの施設を選べる。
・のんびり長期滞在型から、ちょこっと短期型まで、長・中・短期のお試し期間が用意されている。
・体験施設の多くの場合、家具、電化製品、寝具なども揃えてあるので、着の身着のままで田舎暮らしを体験することができる。
・実際に暮らしてみることで、その地のライフスタイルや気候風土を体験することができる。
・移住後の住宅や庭の設計内容を考える、きっかけやヒントを得ることができる。
・住民との交流や農漁業体験等の多様なプログラムを併せて実施する地域もあり、受入れ体制の充実度が確認でき安心できる。

お試し移住の重要なポイントは、現地の人々と積極的に交流すること。本格移住に役立つライブな地域情報が手に入ること請け合いです!
*地域によって、施設の利用料金・ルールや参加条件が異なります。詳細は担当窓口で確認してください。掲載データは2009年6月22日現在のものです。

豊かな大地と輝く海/長崎県雲仙市

長崎県の島原半島の西側に位置する町。有明海、橘湾の2つの海がこの地域を両側から包み込み、海の幸の恵みと優れた景観をもたらしています。全ての町が海に面し、恵まれた気候・土壌により多様な産地が形成され、農地・園芸・畜産のバランスのとれた農業が展開されています。

古くより霊場、湯治場として開け、わが国最初の国立公園・リゾート地として全国的にも有名な雲仙・小浜の温泉をはじめ、太古の遺跡、歴史ある佇まいを残す陣屋跡等々が数多く残り、独特の文化が体感できます。

■体験施設名/雲仙公園事務所職員住宅
・施設内容 木造瓦葺二階建て(1F 48.81平方メートル 2F 25.83平方メートル)
・備品   キッチン、冷蔵庫、食器等が整備され自炊OKです
・利用料金 1戸2人まで、1泊につき 1,000円(追加料金1人増すごとに1泊につき300円)
・その他  利用期間原則10日以内 交通機関の利用が不便ですのでレンタカーが便利

■お試し移住のココが魅力
・町のイチオシはやはり、自然に恵まれた雲仙と豊富な湯量を誇る小浜の二大温泉郷。メジャーな温泉宿の他にも市内には、気軽に楽しめる格安な共同浴場や足湯スポットがあり、美白効果が高いことで有名です。立ち寄り湯16ヵ所、足湯スポット5ヵ所。地元住民は毎日が温泉三昧。
・美しいまちなみ大賞(国土交通省)を受賞した、神代小路(こうじろくうじ)。鍋島邸を中心に水路・生垣・石垣など多くの遺構が調和と整然の美しさを保ち、今も江戸情緒を味わうことができます。冬には緋寒桜、春にはツツジと、季節の花々咲き誇ります。

■体験施設の詳細は>> 雲仙暮らし体験施設
■雲仙市の詳細情報は>>雲仙市ホームページ

次は、リゾートアイランドでのお試し移住です>>