本格的な移住には資金と覚悟が必要な上に、家族の問題などの様々なハードルが待ち受けています。気に入った移住候補地が見つかったら、何度も訪ねて確認したいのが人情。しかし、滞在期間が長くなったり頻度が多くなったりすると、当然、時間・費用の負担も多くなります。

移住前に欲しいライブな地域情報が手に入る、全国自治体の体験施設がおススメです。ライブな田舎暮らし体験こそ、本格移住成功の秘訣! 全国自治体の、お試し移住の体験施設をご紹介します。

↓全国お試し移住体験施設 バックナンバー↓
・全国お試し移住体験施設/北海道編
・全国お試し移住体験施設/東北編(岩手・山形・福島)
・全国お試し移住体験施設/関東編(茨城・群馬・東京都)
・全国お試し移住体験施設/甲信越編(長野・新潟)
・全国お試し移住体験施設/北陸・富山編
・全国お試し移住体験施設/東海編(愛知・岐阜)
・全国お試し移住体験施設/近畿編(兵庫・和歌山・奈良)
・全国お試し移住体験施設/中国編(鳥取・山口)

お試し移住は、希望者・受入れ地域のための「お見合い」期間

写真はイメージです
田舎暮らしの潜在的な需要を本格的な移住へとステップアップさせるため、全国の自治体から多様な受け皿の事例が出てきています。

受入れ地域にとっては移住希望者が地域に馴染んでくれるか、田舎暮らしに向いているかどうかを判断することができ、一方、移住希望者にとっては、地域での暮らしを身をもって体験できるという「お見合い期間」となり、双方にとって大きなメリットとになるといえますね。

移住希望者にとってのメリット
・農家・別荘・古民家・コテージ・廃校活用・民間アパート・家庭菜園付きなど、自分好みの施設を選べる。
・のんびり長期滞在型から、ちょこっと短期型まで、長・中・短期のお試し期間が用意されている。
・体験施設の多くの場合、家具、電化製品、寝具なども揃えてあるので、着の身着のままで田舎暮らしを体験することができる。
・実際に暮らしてみることで、その地のライフスタイルや気候風土を体験することができる。
・移住後の住宅や庭の設計内容を考える、きっかけやヒントを得ることができる。
・住民との交流や農漁業体験等の多様なプログラムを併せて実施する地域もあり、受入れ体制の充実度が確認でき安心できる。

お試し移住の重要なポイントは、現地の人々と積極的に交流すること。本格移住に役立つライブな地域情報が手に入ること請け合いです!
*地域によって、施設の利用料金・ルールや参加条件が異なります。詳細は担当窓口で確認してください。掲載データは2009年5月29日現在のものです。

伊達10万石の城下町/愛媛県宇和島市

愛媛県西南部に位置し、西は豊後水道に面し、入り江と半島が複雑に交錯した典型的なリアス式海岸が続き、5つの有人島と多くの無人島があります。東には鬼ヶ城(おにがじょう)山系に囲まれた「海」と「山」の魅力を同時に楽しめる地域です。

磯釣りの聖地としても知られており、農水産品の全国的な産地であり、特に真珠や鯛、ブリ類は全国トップレベルの出荷額。また、宇和島城や、伊達博物館、日本一の大鳥居を誇る和霊神社など、文化的魅力にも優れています。年中温暖な海洋性の気候で、冬場でも雪が降ることはほとんどありません。

■体験施設名/御内(お試し住宅)
・施設内容 3SK(和室2間、和室小、洋室) 家庭菜園用の農地付きで、耕運機も借りられます。
・備品   生活必需品を準備(洗濯機、冷蔵庫、エアコン、テレビ、テーブル、掃除機、水屋、コンロ 等)
・利用料金 月 13,500円
・その他  1ヵ月契約(最長3ヵ月まで延長可能)

■お試し移住のココが魅力
・宇和島といえば圧倒的な迫力の「闘牛」。現在、年5回の定期大会が行われており、小高い丘の上に建てられたドーム形の闘牛場では、直径20メートルの土俵上で1トン!を超える巨大な牛が激突するのを見ることができます。
・豊富な水産資源を利用した郷土料理も様々なメニューがあり、鯛そうめん・鯛めし・ふかの湯ざらし・太刀魚の巻焼き・じゃこ天・かまぼこ・ひじき飯のふくさ包み・あおさ雑炊・六宝・白魚の踊り食い等々、新鮮で斬新なゴックン料理が目白押しです。
・数々の滝や奇岩に彩られた薬師谷渓谷の畔にある「薬師谷温泉さがの」。せせらぎを聴きながら、ゆったりとした田舎時間を過ごすことができます。サウナ・歩行浴・露天風呂の他、美容・デトックス効果が期待できる岩盤浴も楽しめます。

■体験施設の詳細は>> 宇和島に住みたい
■宇和島市の詳細情報は>>愛媛県宇和島市 HomePage

次は、小学校でのお試し移住です>>