ブエノスアイレスのおすすめスポット

ガイドブックに載っている観光地を巡るのもいいけれど、少しでも余裕があればもうちょっとディープなブエノスアイレスを体験してみませんか。地元の人もおすすめするこんな場所へ行ってみれば、あなたもすっかりブエノス通に。

おすすめ1 マタデーロスの青空市

全国各地の名産品を気軽に手に入れることが出来るのはマタデーロスならでは

全国各地の名産品を気軽に手に入れることが出来るのはマタデーロスならでは

ブエノスアイレスで「最もアルゼンチンらしい場所は?」と聞かれたら、どこよりも真っ先に挙げたいのがマタデーロスのフェリア(青空市)です。ここにはアルゼンチン国内全土から、多くの民芸品や名産物が集まり、新鮮かつ安いお買い物が出来るはず。ガウチョの格好をした店員さんと、値段交渉してみるのも楽しみのひとつ。アサード(焼き肉)やチョリパン(ソーセージのサンドイッチ)などの名物が食べられる屋台もあるし、中央のステージでは一流アーティストによるフォルクローレの演奏やダンスも堪能できます。

<DATA>
Feria de Mataderos(フェリア・デ・マタデーロス)
住所:Av. Lisandro de La Torre y Av. de Los Corrales
実施日:日祝 11:00~21:00(夏期は土曜の夕方から行われることもあり)
アクセス:5月広場周辺からだと、バスで1時間またはタクシーで40分

おすすめ2 パレルモ地区

日本でも人気のホァナ・デ・アルコを始め、最新流行のファッションやアートがこのエリアに集中している

日本でも人気のホォアナ・デ・アルコを始め、最新流行のファッションやアートがこのエリアに集中している

歴史の重みを感じさせる町並みもいいですが、最新モードを体験するのもブエノスアイレスの魅力のひとつ。そんな新しいカルチャーを感じたくなったら、パレルモ地区に行ってみましょう。おしゃれなブティックやギャラリー、そしてカフェやレストランなどが点在しています。細い路地に入ってかわいい雑貨店を見つけるなんていう偶然の出会いも、この地区の魅力。迷わない程度に歩き回ってみましょう。

また、パレルモ地区の北側には広大な公園があるので、こちらでのんびり過ごすのもいいかもしれません。公園内には、動物園、植物園、日本庭園、プラネタリウムなど、数多くの施設があるので、お好みに応じて楽しむことが出来るはず。町の喧噪に疲れたときは、自然と戯れるのも旅の気分転換にいいのではないでしょうか。

<DATA>
■Palermo(パレルモ地区)
アクセス:地下鉄Palermo駅、Plaza Italia駅などから徒歩。または、バスやタクシーなどで

おすすめ3 サン・テルモのアンティークモール

所狭しと並べられたアンティークが、ひっそりと新しい持ち主を待ちかまえている

所狭しと並べられたアンティークが、ひっそりと新しい持ち主を待ちかまえている

流行最先端のパレルモ地区と対照的なのが、昔ながらの下町の雰囲気を残すサン・テルモ地区です。なかでも、アンティークショップが集まる一角は、タイムマシンに乗って過去にさかのぼったような気分にさせてくれるでしょう。アンティークを探すには、まずはメルカド・デ・サン・テルモへ行ってみましょう。体育館のような広いホール内に、いくつもの店がひしめき合って並んでいます。何百年も前の貴重な骨董品から、どうみてもガラクタにしか見えないものまで、その種類も様々。土日になると、すぐ近くのドレーゴ広場で青空骨董市も行われます。自分だけの掘り出し物を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

<DATA>
■Mercado de San Telmo(メルカド・デ・サン・テルモ)
住所:Defensa 1179
開店時間:火~金 10:30~19:30、土日 9:00~20:00 月休
アクセス:地下鉄Independencia駅から徒歩約10分

おすすめ4 プエルト・マデーロの夜景

ライトアップされた運河沿いの道はとてもロマンチック

ライトアップされた運河沿いの道はとてもロマンチック

「眠らない町」といわれることもあるブエノスアイレスだけに、夜景の美しさもこの町の表情のひとつ。とくに最新スポットが集まる再開発エリア、プエルト・マデーロはカップルで行くならぜひともおすすめしたいロマンティックスポットです。運河沿いにレストランやバーが並び、ライトアップされた橋や船を見ながら散歩してみましょう。歴史的な味わいの町並みとはまた違う、モダンな表情のブエノスアイレスに出会うことが出来ます。

<DATA>
■Puerto Madero(プエルト・マデーロ)
アクセス:ブエノスアイレスの東側一帯。中心の繁華街からは徒歩圏内ですが、夜は薄暗い場所も多いのでタクシー利用をおすすめ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。