ブエノスアイレスの美術館と博物館

アルゼンチンの人たちにとって、芸術や文化を楽しむのは日常のこと。だから美術館や博物館も充実しています。歴史を勉強すると同時に、最新アートを発見できるのもブエノスアイレスならではの楽しみです。

美術館1 国立美術館

ブエノスアイレス及びラテンアメリカを代表する美術館で贅沢な気分を味わってみようundefined写真提供:Museo Nacional de Bellas Artes

ブエノスアイレス及びラテンアメリカを代表する美術館で贅沢な気分を味わってみよう 写真提供:Museo Nacional de Bellas Artes

ブエノスアイレスでもっとも権威のある美術館。アルゼンチンの芸術家の作品だけでなく、世界中の美術品が集まっているため、アート好きにとっては非常に興味深いスポットです。移民国家として繁栄してきた国だけに、中世以降近代までのヨーロッパの作品も多く、マネやシャガールといった印象派から、ゴッホやピカソ、そして最先端の現代アートまでありとあらゆる作品が鑑賞できます。立派な施設にもかかわらず、無料というのも旅行者にとっては嬉しい限り。

<DATA>
Museo Nacional de Bellas Artes(国立美術館)
住所:Av. Del Libertador 1473
TEL:5288-9900
開館時間:火~金 12:30~20:30、土日祝 9:30~20:30 月休
料金:無料
アクセス:地下鉄Callao駅から徒歩約15分。レコレータ墓地よりすぐ

 

美術館2 MALBA美術館

ラテンアメリカの最新アートを体感したいなら絶対に外せないスポット

ラテンアメリカの最新アートを体感したいなら絶対に外せないスポット

芸術に関しては先進国のアルゼンチン。特に現代アートは世界的に評価されていますが、その総本山といえるのがMALBA。ラテンアメリカのアートばかりを集めているという専門的な美術館で、日本ではなかなか観ることができない珍しいアーティストの作品を数多く観ることができます。地下にはホールがあり、定期的にアート系の映画が上映されていて、映画ファンにも人気。また、スーベニアショップでは、最新のアートグッズが手にはいるのでお土産にも最適です。

<DATA>
Museo de Arte Latinoamericano de Buenos Aires(MALBA)
住所:Av. Figueroa Alcorta 3415
TEL:4808-6500
開館時間:木~月・祝 12:00~20:00、水 12:00~21:00 火休
料金:一般20ペソ、学生10ペソ、5才以下無料(水のみ大人8ペソ、学生無料)
アクセス:地下鉄Scalabrini Ortiz駅から徒歩20分。少し不便なのでタクシーかバスがおすすめ

 

博物館1 エビータ博物館

赤いカーネーションが飾られたカフェで静かな時間を過ごすのもいい

赤いカーネーションが飾られたカフェで静かな時間を過ごすのもいい

ミュージカルやマドンナ主演の映画でもおなじみのエビータ。田舎の少女が女優から大統領夫人へと変身していくシンデレラストーリーは、今も多くのファンを持っています。そのエビータことエバ・ペロンの生涯を学ぶことが出来る博物館がこちら。写真や書簡など貴重な展示からは、アルゼンチンの政治を変遷も知ることが出来るはず。併設のカフェで、のんびり読書して過ごすのもおすすめです。

<DATA>
Museo Evita(エビータ博物館)
住所:Lafinur 2988
TEL:4807-0306
開館時間:火~日 11:00~19:00 月休
料金:一般15ペソ(ガイド付は25ペソ)、学生5ペソ(ガイド付は10ペソ)
アクセス:地下鉄Plaza Italia駅から徒歩5分

 

博物館2 ホセ・エルナンデス博物館

アルゼンチンの文化を語る上で、ガウチョと呼ばれるアルゼンチン版カウボーイは外せません。そのガウチョの文学として最高峰といわれるのが『マルティン・フィエロ』。アルゼンチン人なら一家に一冊は必ずあるといわれる名作ですが、その作者ホセ・エルナンデスの博物館も必見。写真や原稿はもちろん、ガウチョ特有の革細工や銀製品なども展示されています。アルゼンチンの心を感じるには、もっともわかりやすい博物館かもしれません。

<DATA>
Museo de Arte Popular Jose Hernandez(ホセ・エルナンデス博物館)
住所:Av. del Libertador 2373
TEL:(54-11) 4803-2384
開館時間:水~金 13:00~19:00、土日 10:00~20:00 月火休
料金:1ペソ(日曜無料)
アクセス:地下鉄Scalbrini Ortiz駅から徒歩約15分