「婚活」実践本はアメリカがリード?

「婚活」という言葉はとても斬新で目新しいけれど、とどのつまりはいい男(女)をどうゲットするかということ。この手の本が多いのは、日本よりも圧倒的にアメリカなのではないかという気がします。

“いま話題の「婚活」ってなに?
THE RULES(ワニ文庫)
少し前に爆発的にヒットした『THE RULES』もその手の本でしょう。この本は徹頭徹尾「男を振り向かせる」テクニックを紹介しているのがすごいところ。「は?マジで?」というテクもないわけではありませんが、男性心理の一面をついている部分は多いと思います。

やはり一時期話題になった『愛させる技術』や『ラヴ・ビッチ~愛される自分に変わる100の恋愛キーワード』も、本質的には『THE RULES』と同じ種類の本といえるでしょう。これらの本の特徴は、とにかく具体的に男を落とす方法を紹介していることです。あまりに直截すぎて、なんだか身もふたもないな~と思わざるを得ないのですが、そこがアメリカらしさというところなのでしょう。

日本でも某バーの有名ママやらホステス嬢やらが書いた本がありますが、常人には体験できないご本人の体験談(自慢?)が随所にまぶされているため、読み物としては面白いものの、一連のアメリカテクニック本には及ばない感じがします。

結婚に対する価値観が多様化された現在。結婚=幸せ、結婚が少子化を救うといった論調には違和感を抱くこともありますが、幸せな結婚をしたいと願う人が数多くいることも事実。さまざまな本を読んで、自分の内面を見つめ直してみるのも、結婚に近づく一歩なのかもしれませんね。

※「婚活」に励む皆様へ! 「婚活」の実践法を書いた本です。
「3ヶ月で結果を出したい人のための絶対結婚できる方法」

※「婚活」についてのエッセイはこちらにもあります。
アラフォーから始める婚活ガイド

■さまざまな結婚のカタチをチェック!
玉置&石原の復活愛で探るアラフォーの婚活
Around40の結婚式
親元暮らしは結婚できない!?格差時代の結婚
熟女婚が教えてくれること
あなたは何婚?キャッチコピーを付けよう!
辻ちゃんに見る避妊とできちゃった婚の関係
三原&元コアラに見るラブ格差婚の落とし穴
がんばれウッチー! 収入格差婚の行方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。