華やかなブーケトス

結婚式でよく見かける演出のひとつがブーケトス。これは花嫁がブーケを後ろ向きに投げ、それを未婚女性がキャッチするものですが、キャッチした女性が次の花嫁になれるという言い伝えがあります。

ブーケトスは独身女性限定
ブーケトスは披露宴の定番演出
挙式の後、フラワーシャワーに引き続き行われたり、披露宴の最中に行われたりと、タイミングはさまざまです。また、ブーケプルズといって、人数分のリボンを用意し、その1本だけにブーケを結びつけておく方法もあります。

花嫁やブーケ、未婚女性に関連し、華やいだ雰囲気があるため、昔から人気の高い演出となっています。人気を集めています。しかしながら、実際にブーケを投げられる側の女性ゲストの中には、「ブーケトスなんてやりたくない!」という声もあるようです。

ブーケトスなんてやりたくない!

「ブーケトスなんてやりたくない!」という女性が増えている背景には、女性の結婚年齢が上昇していることが上げられます。30代の花嫁も珍しくなくなった現在、女性ゲストも当然30代の女性が多くなります。もちろん、なかには未婚の方も少なくありません。

ブーケトスは一般的に「未婚女性」限定で行われるために、30代女性の中にはことさら「未婚」を強調されるのがいやだという意見が多いのです。「20代の小娘じゃあるまいし、いまさらブーケトスなんかではしゃいでいられない」「あの人まだ結婚していないのね、という両家の親族の視線がイヤ」などなど。

なかには、司会者の「ブーケトスを行います」の声が聞こえた途端、職場の後輩女性(既婚)から「ホラ!先輩の出番ですよ」と勝ち誇ったように言われ、はらわたが煮えくり返る思いだったと語る女性も。

未婚ということを特に気にしているわけではないけれど、わざわざそれをみんなに知らしめるような演出をしなくてもいいじゃないの!?というのが、30代女性のホンネといったところでしょうか。

次ページでは和やかにブーケトスを行う方法!