結婚式をするに至った心の変化は?

みなさんの周りに「結婚式はしたくない」と常日ごろから言っていたのに、いざ結婚という話になった時、結局結婚式を行ったという人、けっこういるんじゃありませんか? その多くは30代の人たち。私の周りにもそのような人が何人かいるのですが、その理由はだいたいこんなところのようです。

やるなら婚
親に頼まれるとイヤとは言えない!?
まず、結婚式をしたくなかった理由は、「歳なので派手なことはしたくなかった」「結婚式に高いお金をかけるのがもったいない」「結婚式に特別な意味を見いだせない」「結婚式でさらし者になりたくない」といったところ。それがなぜ結婚式をするに至ったかというと、「親の要望で」というのがほとんどです。

30代といえばもう十分に分別が付く年頃。そして、親の老いも徐々に目立ってくる頃です。今まで苦労をかけてきた親に「結婚式ぐらいしなさいよ」「花嫁姿を見せてちょうだい」などと言われると、初めは結婚式なんて絶対にしないといっていた人も、親孝行のために結婚式をしてもいいかも…と、意識が変わってくるようです。

どうせやるならとことんやるぞ!

そんなわけで結婚式を行うことを決めるわけですが、初めはしたくなかったわけだから、地味にさっと行う人が多いのかと思いますよね? ところがどっこい。意外に華やかで、趣向を凝らした結婚式を行う人が多いのです。それを見ると、「あれほど結婚式はしたくないって言ってたのに、なんだかね~」と、裏で悪態のひとつもつきたくなるというものですが、まあそう言わずに、その裏側の心理を探ってみることにしましょう。

最近は結婚年齢が上がったとはいえ、30代ともなれば友人の中には既に結婚式を挙げた人が何人かはいます。そうすると、やはりライバル心というか、「同じような結婚式はしたくない」という気持ちがムクムクと頭をもたげてきます。また、いろいろな経験も積み、ものを見る目も肥えてきますから、やると決まったからにはおざなりなことはできないと考えるのです。さらに、趣味嗜好もはっきりとしていますから、結婚式にもそれを貫きたいと思うのは、当然のことといえるでしょう。

また、いまの30代というのは、男女雇用機会均等法が施行されて10年ぐらいの間に社会に出ててます。そのため、男性と同じように仕事ができる女性がエライという価値観が意識の下に沈殿しており、ゆえに仕事に対して非常にモチベーションが高い世代ということができます。何事に対しても前向きにぶつかり、頑張る傾向にありますから、それが結婚式に対しても向けられてしまうのです。つまり、その結果、「どうせ結婚式をやるのだったら、悔いの残らない最高の結婚式にしたい!」ということになるのですね。

かくして、新郎新婦のこだわりが貫かれた結婚式ができあがります。さらに、30代で経済的にも比較的余裕があることが、華やかで個性的な結婚式の下支えをしているともいえるでしょう。

次ページでは「やるなら婚」の実態について!