結婚式の準備には、数多くの人が関わります。スタッフに渡す心づけ、受付やスピーチなどの招待客に依頼する際の費用やお礼について伝えます。

心付けを渡す相手と金額

心付けを渡したほうがいい相手としては、美容着付の担当者、宴会場担当者(チーフ格の人)、ハイヤーなどの運転手、介添人、プロ司会者、プロカメラマン(写真・ビデオ)、プロ演奏者などが考えられます。金額の目安は以下の通り。

・美容師    5000円~1万円
・着付係    5000円~1万円
・会場担当者 5000円~1万円
・司会者    3000円~1万円
・カメラマン   3000円~1万円
・演奏者    3000円~1万円
・運転手    2000円~3000円

なお、司会や写真を友人など知り合いに頼んだ場合は、心付けではなく、ご祝儀と同額。最低でも半額の金額を包んで渡すほか、落ち着いたら新居に招待して食事などをご馳走するといいでしょう。もちろん、実費は事前に支払っておくこと。

心付けを渡すタイミングと渡し方

心付けには新札を用意しましょう。それを「ご祝儀」または「寿」と書かれたポチ袋やご祝儀袋(水引は紅白の結びきり)に四つ折りに畳んで入れます。表書きには両家の姓を。ただし、美容師・着付係には、新婦側の名前だけでもOKです。また、着付けなどスタッフが何人が担当として当たるのか当日までわからない場合もあります。少し多めに用意しておくと安心です。

渡すのは、その人の仕事が始まる前がベスト。美容師さんなら最初に顔を合わせたときに、「今日はよろしくお願いいたします」との言葉を添えて、手渡すといいでしょう。美容着付の担当者や介添人には新婦、司会者やカメラマンさん、会場担当者には新郎から渡すのがいいでしょう。

ただ、新郎新婦は当日は緊張しているし、忙しいので、心付けを渡すタイミングを逃してしまうこともありますので、親や兄弟姉妹など身内に任せてもいいと思います。

心付けを辞退されてしまったら

ホテル・式場などではサービス料を取っているため、スタッフから心付けを辞退されることがあります。そんな時は「気持ちですから」と再度勧め、それでも辞退されたら無理強いはせずに引っ込めるのがスマートでしょう。

「サービス料を取っているんだか心付けはいらないでしょ」という意見ももちろんあると思います。ただ、結婚式の心付けは幸福のおすそ分けという意味合いもありますので、そのような気持ちがあるのであれば、用意されるといいと思います。また、ホテル・式場のスタッフといっても、美容師さんや介添人、カメラマンなどは外部から派遣されてきた可能性もありますから、やはり心付けは用意して、とりあえず渡す方向でいったほうが無難なのかな、という気はします。