【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

実はふたりの結婚式に出席していました!

三原じゅん子さんと元コアラ(ってこの言い方も変だな)のハッピハッピー。さんが離婚に向けて協議中とか。この話を聞いたとき、おそらく他の人以上にびっくりしてしまったのがこのワタクシ。実は、アメリカで行われたふたりの挙式に同行し、取材していたんです。

おふたりが結婚式を挙げたのは、アメリカはヴァージニア州にあるヴァージニア大学のチャペル。ここは世界遺産にも指定されており、石作りの建物とステンドグラスが非常に趣があります。宿泊はシャーロットヴィル郊外にあるケスウィックホール。室内はアンティーク家具で統一され、居心地の良い空間に仕上がっています。

こちらで数日を過ごしたおふたりは、テニスをするなどして終始ラブラブモード。元コアラさんは常に三原さんに気を使い、かいがいしい夫ぶりを発揮していました。知らない人が見たら付き人にしか見えない感じでしたが、まあ彼は三原さんよりも年下だし、芸能人としてのキャリアも三原さんのほうが上だし、それは仕方がないといえば仕方がなかったかも。それがこんな結果になるとは……・

男女のバランスが崩れたときに破綻する格差婚

ラブ格差婚の落とし穴
妻と夫の意識のずれが離婚の原因に?
藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚で話題となった格差婚。三原さんと元コアラさんの場合も、まさしくコレですよね。

基本的に姉御肌で男性をぐいぐいリードしていきたい女性と、変な意味での“男性としてのプライド”がなく、好きな女性に尽くしたい、甘えたいという気持ちが強い男性との組み合わせなら、格差婚はうまくいくのではないかと思うのですが、結婚生活を送っていくうちに、そのバランスが徐々に崩れていく場合も多いようです。

たとえば、妻がいつまでも甲斐性がない夫を物足りなく思ったり、結婚当初よりもさまざまな面で力をつけた夫がいつまでも妻の支配下にいるのを潔しとしなかったり、さらには夫がふがいない自分に対して自暴自棄になり妻に暴力を振るったり……、なんてことになるともういけませんね。妻と夫がそれぞれ変化していって、お互いのバランスを修正していければいいのですが、なかなかうまくはいかないようです。

次ページではラブラブ婚の落とし穴について考察!