クサヤ様の香りは日本酒と合うはずだけど・・・

プロと愛好家による日本酒とチーズのタイプ別相性研究テイスティング会の4回目。今回はウォッシュタイプチーズとの相性結果を報告をしよう。

今回使用のウォッシュチーズは「エポワス」。黄色い表皮はお酒で洗いながら熟成した結果。つんと刺激的な、そう、クサヤのような匂いが鼻につくが、中身は逆にとろ~りなめらか心地いい旨味で後を引く引く。ワインの名産地ブルゴーニュ生まれのエポワスはもちろんブルゴーニュの繊細なワインと好相性。さて日本酒の結果は。

まず、日本酒&チーズ相性研究会の詳細は次のとおり。

開催日は、2006年12月23日(土)。
会場は、日本橋馬喰町「岡永倶楽部」
メンバーは、ワイン・日本酒・チーズのプロフェッショナルと愛好家の方々16名。(うち男性6名女性10名)。



日本酒とチーズのラインナップは以下のとおり。

【チーズ】今回は基本的な7タイプの輸入ナチュラルチーズを用意。
(1)フレッシュ・・・・・・・モッツアレラ(牛乳)
(2)白カビ・・・・・・・・・カマンベール・ドゥ・ノルマンディー
(3)シェーブル(山羊乳)・・サントモール・ドゥ・トゥーレーヌ
(4)ウォッシュ・・・・・・・エポワス
(5)青カビ・・・・・・・・・ロックフォール
(6)セミハード・・・・・・・サンネクテール・レティエ(工場製)
(7)ハード・・・・・・・・・コンテ(16ヶ月熟成)

★今回のチーズはすべて「フェルミエ」より購入。


【日本酒】
(1)発泡性(爽やか)・・・月の桂・発泡純米「吃驚仰天」(びっくりぎょうてん)
(2)大吟醸(華やか)・・・司牡丹「雫酒」純米大吟醸
(3)生 酒(軽やか)・・・一ノ蔵・本醸造生酒「ひゃっこい」
(4)純米酒(旨味)・・・・大七・純米生もと「CLASSIC」(クラシック)
(5)古 酒(熟成)・・・・達磨正宗・十年古酒

★今回の日本酒は「日本名門酒会」よりご協賛。
  
7種類のチーズを軸に、5種類の日本酒を飲み比べ、相性の良し悪しを見るスタイルで行った。コメントは7×5で35枠というハードなものとなった。

→今回は「エポワス」。次のページでそのテイスティング結果を発表!