いやはやまいった。こんなに「松茸」さまを…。
それも「国産松茸」さまを堪能できるなんて。教えたくないけど、ええーい、この幸せを皆さんにもお分けしてしまいましょーっ。

旬の国内厳選食材を、さまざまな料理方法で食べさせてくれる友田イチオシの割烹料理屋さんが銀座『花籠味(かこみ)』だ。

お料理はおまかせのコース形式(通常は10,000円、13,000円、18,000円の3種類あり季節によって変わる)で出されるのだが、一皿ごとに、それに合った日本酒を少しづつ出してくれる、お酒好きにはたまらないスタイルなのが何よりの特徴。


♪盛りだくさんのコース18,000円

若きご主人谷口彰史さんが、自ら蔵元に出向いて気に入ったものだけを集めたという、全国の銘酒をさりげなく出してくれる。無駄なウンチク話がないのもうれしいところ。
今ならやっぱり「松茸コース」だ。ちなみに取材時の松茸コースは盛り沢山の18,000円。

先付け、お造りにはあっさり系の「酔鯨」や「黒龍 特選吟醸」を。土瓶蒸し(た~っぷり松茸入り)には季節ものの「初亀 秋あがり」を。



続いて、松茸の炭火焼が、き、きた~っ。カウンター席だったので、目の前でご主人がとれたてを「焼き焼き」してくれる。ほどよい焼き加減のものに、すだちをシュワッとかけお口に…。うう~ん、サクサク、ふわ~んといい香りに歯ごたえだあ~。これには、「十四代」か「白菊」を。ああ、幸せってこういう事を言うのね~。