2011年版「ミシュラン京都・大阪・神戸」の結果はこちら!

速報! ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011

ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011
ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011、記者発表。(c)MICHELIN2010
本日、21日。(株)ミシュランが今年度版の「ミシュランガイド京都・大阪2010」についての記者会見を開きました。

同社が昨年にリリースしている「ミシュランガイド京都・大阪2010」は、関西初のミシュランということで大変話題になりましたが、今年度からは、加えて「神戸」も対象エリアとなったとのこと。これで「京都」「大阪」「神戸」と三都市全てが揃うことになります。

今回の記者発表とリリースによると、今後の正式名称は「ミシュランガイド 京都・大阪・神戸2011」となり、発売時期は今年の10月とのこと。価格は未定。


☆ついに神戸が!

夜景。
兵庫は夜景も美しい。
まず、「神戸」が新たに追加されたということは、大変喜ばしいことだと思います。「神戸」がミシュランガイドで取り上げられることで、さらなる関西グルメシーンの活性化に繋がることは間違いありませんし、何よりこれを機に「兵庫の魅力」を改めて知ってもらえることになれば、「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011」は地元の人にとっても、全国の読者にとっても、非常に意義のあるガイド本になるはずです。


兵庫の町並み。
山と海に恵まれた兵庫。
また、「兵庫」は海の幸と地の幸が豊富でハイレベル! 食材レベルでいえば、日本トップクラスに恵まれたエリアでもありますので、この素晴らしい土地の食材(テロワール)を使ったレストラン(割烹・料亭含む)が多種多様に存在すること、そしてそれらレストランのレベルの高さを、是非とも全国・全世界に発信していただきたいと思いますね。


☆でも、一つだけ気になる点も……。

海。
神戸と淡路を繋ぐ「明石海峡大橋」。
たぶん、誰もツッコミを入れないポイントだと思いますので、一応・私だけでもツッコミを入れておくとすると、それは「神戸」という表記について。

というのは、「神戸」は「兵庫」の一部です。つまり、「芦屋」や「西宮」等のエリアは、正確には「神戸」ではありません。「兵庫」なのです。

ですので、「芦屋」や「西宮」等のエリアも評価対象エリアに含めるのであれば、「神戸」ではなく、「兵庫」と表記すべきでしょう。

私は京都人ですが、「芦屋」が好きですし、「神戸」も好きです。ですので、関西人を代表して、そして兵庫に住む読者の皆様を代弁して、この点にだけは敢えてツッコミを入れさせていただきます!(笑)。

というわけですので、今年度版はさすがに無理かもしれませんが、せめて来年度版からは兵庫県民の市民感情を考慮していただき、きっちりと「兵庫」と明記し、「ミシュランガイド 京都・大阪・兵庫2012」と修正してもらえれば、と希望する所存でございます。

次ページでは、神戸(兵庫)の星獲得候補店の大予想を解説しながら御紹介していきます