深夜に使える一軒

外観。
店の外観。木の扉が温かみを醸し出しています。
注) 四条烏丸にあった「ボッカ デル ヴィーノ」は2015年3月21日で閉店されました。御注意くださいませ。

朝食が食べられる店が多い反面、意外に深夜型の飲食店は少ない京都。特に四条烏丸界隈は、京都一のビジネス街にも関わらず、深夜型の(使える)飲食店は本当に少ないですよね。私も仕事で帰りが遅くなる時は、ランチ難民ならぬ「ディナー難民」になることもしばしば。

最近では少しずつですが、深夜でも使える店が増えてはきているものの、レベルの高い個店となると、バーやバール型の飲食店も含めて、祇園・木屋町や阪急線沿いが中心というのが現状でしょう。

しかし、そんな四条烏丸でも、ラストオーダー23時という深夜型の実力派イタリアンが存在するのです! その名は「ボッカ・デル・ヴィーノ(B0CCA del VINO)」。シェフの野宮さんは、数年前まで長岡京の地で腕を振るってこられていましたが、今は四条烏丸で「本当に旨いイタリアンが食べたい!」という舌の肥えた方々のために、店を開かれています。

大人向けイタリアン

店内。
シンプルで落ち着いた大人向けの内装。
店は室町通りに面したマンションの1階。派手な看板や装飾などはなく、知る人ぞ知る隠れ家的な雰囲気を醸し出す入口が、違いの分かる大人の客にはピッタリ。

店内はテーブル席のみで、シンプルでシックな落ち着いた雰囲気。特徴としては、ウナギの寝床のような奥に細長いが京都らしくて面白い。

シェア前提が嬉しい献立スタイル

ボッカ・デル・ヴィーノ
パンのレベルも高い。
メニューに関しては、ランチメニューは2,100円のコース(11:30~と13:30~の2部制)のみで、前菜・メイン(またはパスタ)・デザート・飲み物・パンという内容。さらに1,500円の追加料金で、もう一皿パスタかメインを増やせます。(注:現在は3,500円のコースとなり、前菜2種盛り合わせ+パスタ料理2種+メイン料理+デザート+食後ティという内容になっています)。尚、下記で紹介しているランチコースは以前の2,100円コースのものです。

まずはランチメニューから

ボッカ・デル・ヴィーノ 鴨のラグーソース。
前菜盛り合わせ 鴨のラグーソース
この日の前菜3品盛合わせ(写真左)は、「ワカサギのエスカベッシュ」「吉田牧場のチーズを詰めたアランチーノ」「アジのマリネ、サラダ仕立て」という内容。ワカサギやアジの鮮度と質の高さはもちろん、前菜の一つであるアランチーノにも、吉田牧場のチーズを使用するなど素材選びのセンスも抜群。写真右のパスタは「鴨のラグーソース」。2人で訪問し、それぞれパスタとメインをシェアでオーダーしましたので、写真はシェア後のポーションです(パスタは事前取り分けして供されます)。

鮮魚のソテー、カルチョーフィ・ドライトマトのソース。 リコッタチーズとアーモンドのケーキ。
鮮魚のソテー、ドライトマトのソース リコッタチーズとアーモンドのケーキ
写真左のメインは「鮮魚のソテー、カルチョーフィ・ドライトマトのソース」。写真はシェアする前のもので、ドライトマトの酸味の効いたソースが印象的な一皿でした。肉料理が強い店だと思っていましたが、魚料理もさすがに秀逸! デザートは数種類の中から、「リコッタチーズとアーモンドのケーキ」をセレクト。リコッタチーズとアーモンドの薫香の高さ、控え目な甘さ、ほど良い食感、焼き込み加減など、どれもが絶妙な仕上がりで、全体の調和のとれたハイレベルな逸品。もしメニューにこのケーキがあれば、是非とも食されることを推奨します。

次ページでは、ディナー・メニューを御紹介します