“オタクの聖地”が大のお気に入り!


オタクな彼が大好きな「秋葉原」は、よくデートした思い出の場所
「秋葉原にもデートに行きました。 やはり、オタクな彼は、騒がしい場所よりも、秋葉原のような所が好きみたいですね。

アニメグッズやゲーム、そしてメイド・カフェにも興味津々でした。路上でビラ配りしていたメイドさんたちの写真なんかも撮っていたし~(笑)。ほんと、かなりのオタクです」

彼は日本食も大好きだったので、デートの時の食事は、いつも居酒屋だったとか……。お刺身や焼き鳥が大好物で、「おいしい!」を連発して食べていだそうです。

でも……
「さすがに、納豆だけはダメでしたね~」

遠距離恋愛への不安は?


このように楽しく過ごしていたお2人ですが、やがて夏休みも終わりに近づいてきます。
お互いの気持ちは変わらないにしても、遠距離恋愛になってしまう不安はなかったのでしょうか?

「やっぱりありましたよ。できれば遠距離恋愛は避けたかった……。
というのも、一度、遠距離恋愛で失敗の経験があったから。ただ、その人の場合、最初からプレイボーイっぽかったのですが……」

レオさんは違うと感じていたのですか?

「はい。彼に『遠距離恋愛になるけど、大丈夫?』と聞いたら、『大丈夫、僕たちは離れ離れになるけど、またすぐ会えるし、問題はない』という返事が返ってきたんです。
本当に、彼は私が今までに会ったことがないくらい、誠実でピュアな人だったので、直感で、この人だったら遠距離恋愛になっても続けられると思いました」

彼がフィンランドに帰ってしまうとき、何か約束などしましたか?

「彼は『夏休みには必ず日本に来る』と……、そして『私も必ずフィンランドを訪れる』と約束しました」

さて、この約束はどのように果たされていくのでしょうか?

続きは次回に……

【関連記事】
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.1>「インド人の夫の誠実さに感動」
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.2>「大雑把さと素直さが彼女の魅力」
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.3>「ワーホリと大雪がご縁を呼んだ?」
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.4>「親戚の猛反対を乗り越えて」
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.5>「不思議と気が合った韓国出身の彼」
<私たちの国際結婚シリーズ Vol.6>「ベトナムを描き続け居場所見つけた国際結婚」
外国人がどうしても食べられない日本食は?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。