敬老の日は9月の第3月曜日:2018年は9月17日

ハッピーマンデー法により、敬老の日は9月第3月曜となりました

ハッピーマンデー法により、敬老の日は9月第3月曜となりました

敬老の日は 9月の第3月曜日。2018年は9月17日です。国民の祝日で、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」 として制定されました。
 

「敬老の日」の由来と変遷

敬老の日といえば、9月15日を思い浮かべる方も多いはず。これは、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現・多可町)で行われた敬老行事をきっかけに、9月15日を「としよりの日」とする運動が全国に広がり、老人福祉法の制定に伴って「老人の日」と改称され、1966年に9月15日が「敬老の日」として国民の祝日になり、親しまれてきたからです。

その後、祝日法改正(いわゆるハッピーマンデー法)によって、2003年から「敬老の日」が9月の第3月曜日に変更され、老人福祉法の改定によって9月15日は「老人の日」、9月15日~21日は「老人週間」となりました。

9月15日の由来は、593年に聖徳太子が身寄りのない老人や病人のための救護施設「悲田院」を設けた日といわれていますが、諸説あります。

なお、「母の日」や「父の日」は外国発祥ですが、「敬老の日」は日本発祥で祝日にもなっています。
 

敬老の日に何をする? 老人とは?

大切なのは労りや感謝の気持ちを表すこと
老人の捉え方は人によって様々です。心身共に若々しく老人と呼ぶのは憚られる方も、孫からみれば老人に映るかもしれません。

よく「もう○○が受けられる年齢だから」なんて言いますが、身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、JR各社では50歳ぐらいから各種割引があります。

いずれにしても、大切なのは労りや感謝の気持ちを表すことで、食事会を開く、贈り物をする、家事を手伝う、住環境をバリアフリーにするなどその方法は様々です。各地で敬老にちなんだ行事が催されることも多く、敬老の日を通じて高齢者をとりまく社会問題を考えるきっかけにもなるでしょう。