ホワイトデーは日本で生まれた風習!由来や意味は?

ホワイトデーの由来

ホワイトデーは日本生まれの風習です

3月14日はホワイトデー。バレンタインデーに贈り物をもらった男性が、その女性に返事やお返しをする日となっていますが、どうしてそんな風習があるのでしょう?

ホワイトデーは、日本で生まれた風習です
バレンタインデーに女性から男性へチョコを贈るのも日本独自のことですが、お返しまできっちり決めているのは世界でもめずらしく、欧米では「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」などと称し、恋人同士で贈り物をすることはあっても、お返しという意味ではありません。韓国や台湾などでホワイトデーがみられるのは、日本の影響です。

 

どうして日本では、ホワイトデーにお返しをするの?

「キャンディーの日」という案もありましたが、純潔をイメージさせる“ホワイト”が採用され「ホワイトデー」になりました。(全国飴菓子工業協同組合HPより)

「キャンディーの日」という案もありましたが、純潔をイメージさせる“ホワイト”が採用され「ホワイトデー」になりました。(全国飴菓子工業協同組合HPより)

では、どうして日本ではお返しをするのでしょう?
日本では贈り物やお祝いに対してお返しをする習慣があり、バレンタインデーに女性からプレゼントを頂戴し、そのままでは心苦しいと感じる男性が多かったようです。

そこで、お菓子業界がバレンタインのお返しを提唱し、1か月後の3月14日を「ホワイトデー」として定着させていきました。

 

ホワイトデーが生まれるまで

  • 1970年代:世界各国のバレンタインデーにならい、2月14日・バレンタインデーが日本に広がる。
  • 1977年:石村萬盛堂(福岡)が「マシュマロデー」としてバレンタインのお返しにマシュマロを贈ることを提唱。他のお菓子会社でも宣伝販売の動きが出始める。
  • 1980年:全国飴菓子工業協同組合が「ホワイトデー(3月14日)はキャンディーの日」として、第1回“愛にこたえるホワイトデー”キャンペーンを実施する。
また、3月14日はバレンチノ司祭に救われた男女が永遠の愛を誓った日という説もありますが、定かではありません。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。