なぜ日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコを贈るの?

日本では、チョコレート屋さんが仕掛けたからチョコレートになりました。
まずは日本におけるバレンタインの歴史を見てみましょう。諸説ありますが、主なものをご紹介します。

■1936年
神戸モロゾフ洋菓子店がバレンタインチョコレートの広告を出す。
このときは男女双方に向けての宣伝であり、その後も恋人に贈り物をする日としてデパートが宣伝をしましたが、定着しませんでした。

■1958年
メリーチョコレートが新宿の伊勢丹デパートでバレンタイン・キャンペーンを開催し、女性から男性へチョコレートを贈ることを提案する。
なぜ女性から男性へなのか?それは主な買い物客が女性であることや、その頃の日本はアメリカのウーマン・リブ運動の影響を受け、女性が恋愛の主導権を握ろうというムードがあったから。時代を読んだ斬新な提案だったのです。

■1970年代
日本チョコレート・ココア協会が2月14日を「チョコレートの日」に制定し、流通業界も大々的にバレンタインデーのチョコレート商戦に力を入れる。
やがて70年代後半にはバレンタインデーが定着しはじめ、その後は1ページ目のような変遷をたどって、現在に至っています。

 

バレンタインデーは、愛する人に“愛しています”と伝える日

心を伝える手段はさまざま。欧米ではバレンタイン・カードを添えます。
こうしてみると、日本のバレンタインデーは、外国文化を日本流に巧みにアレンジし、自国の文化に昇華させていることがわかります。

チョコレートやギフト市場の拡大もすごいものですが、バレンタインデーによって女性の恋愛行動力が高まったのは事実でしょう。さらに愛情の対象が広範囲になり、バレンタインデーの裾野が広がっています。

また、男性から女性へという動きが加わっているのも注目すべきところです。

バレンタインデーは、愛する人に“愛しています”と伝える日。その気持ちをどう表現すするかはあなた次第ですし、恋人とは限りません。そんなことはいちいち伝えなくてもわかってるだろう……なんて野暮なことを言わず、大切な人達にその気持ちを伝えてみると、素敵なエッセンスになるでしょう。


< おすすめ関連リンク >
【ホワイトデー】の由来
幸せを呼ぶ~四季彩手帳術
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。