バレンタインデー事情とその由来……女性からチョコを贈るのはなぜ?

なぜ日本のバレンタインは女性から男性にチョコを贈るのか

日本のバレンタインデーは、いろいろな人に向けて“愛”を伝えています

2月14日はバレンタイン。「愛の告白」にときめいたのは遥か昔のこと……なんて遠くを見つめている場合ではありません。

時は流れ、今やバレンタインデーに本気で“愛の告白”をする人はほんの一部にすぎませんが、日本のバレンタインデーはさまざまな“愛”に溢れています。

■INDEX
  1. 日本のバレンタイン・チョコ事情    
  2. バレンタインデーの由来と真実  
  3. なぜ日本のバレンタインデーは女性から男性にチョコを贈るの? 
  4. バレンタインデーは、愛する人に“愛しています”と伝える日

日本のバレンタイン・チョコ事情

ご存知のように、女性から男性にチョコレートを贈るのは日本だけの風習ですが、現在はチョコに色々な呼び方がありますね。外国発祥の風習を、すっかり様変わりさせて自国の風習にしてしまったわけですが、よく考えると、日本人らしい“愛”が散りばめられていることがわかります。まずは、その発展の様子をご紹介します。

■本命バレンタインチョコ 
私の気持ち、受け取ってください!

恋愛対象の人にあげる、気合の入ったチョコ。片思いなら愛の告白、付き合っているなら愛情の証

【解説】
日本に定着した頃(1970年代後半)は、チョコ=愛の告白の時代。チョコの受け渡しに秘め事としてのニュアンスがありました。特に告白は小・中・高校生の得意分野。今でも、本命チョコに思いを託す光景が校舎のあちこちで繰り広げられています。

■義理チョコ
日頃お世話になっている人、友人・知人、職場の仲間やお客様へ。感謝と気配りに満ち、コミュニケーションを深めます。

【解説】
バレンタインの洗礼を受けた世代が就職する頃、チョコのハードルも低くなり、義理チョコが大量に出回るようになります。ときめきは薄れてしまいますが、人間関係が深まると思えば嬉しいもの。しかし、義理堅い日本人気質がホワイトデーを定着させ、バブル期には3倍返しをする破目に。最近は「世話チョコ」という呼び名も登場しています。

ファミチョコ 
家族みんなでたべようね♪
(パパには本命チョコも用意…する?)

愛情を込めて家族(夫、子供、父親など)に贈るチョコ。普段は買わない珍しいものや手作りチョコを準備して、一緒につまむのも楽しい!

【解説】
バレンタインに馴染んだ世代が家庭を持てば、必然的に愛情の矛先は家族に向けられます。長年の季節行事なので、指をくわえて見ているだけじゃつまらない。贈る本人も食べられるためママ好みになる傾向あり。

友チョコ
女友達へ、友情の証として贈る。有名チョコや手作りチョコなど、スイーツ好き女性のお眼鏡にかなうものを選びます。

【解説】
バレンタインデーが定着すると、本命チョコや義理チョコに加え、女同士の友チョコがプラスされるようになりました。チョコの交換で女の絆を深めます。

■ご褒美チョコ/自分チョコ/マイチョコ
最も食べたいチョコを自分自身に贈る。頑張った自分へのご褒美なので、高額商品になる傾向も。

【解説】
世界中のショコラティエが日本でしのぎを削るバレンタイン。これを逃すと入手できない品も多いため、気になる逸品は自分で食べて至福の時間を過ごし、蓄えたエネルギーで他人を幸せにするのです!?

■俺チョコ/逆チョコ
男性が購入するチョコのこと。

【解説】
最近は、自分用にバレンタインのチョコを買う男性が増えているそう。購入する理由は、魅力的な商品だから、甘いものが好きだから、見栄をはるためなどさまざまなようです。また、女性や友達にチョコを贈る男性も少なくなく、手作りする方も。イベントとして楽しんでいる様子がうかがえます。

こうして益々拡大するバレンタイン市場。いまや早春の風物詩と化していますが、本当にこれでいいのでしょうか?
本家本元からバレンタインの真実を探ってみましょう >>>