まずは舞台を整えて、本番(次ページ)に備えましょう。

花と水のコラボで、雨が似合う空間に

水の中に花を沈めてみたり、水際を引き立たせたりできるのもガラスの花器ならではの楽しさ!シンプルなのでどんなインテリアともマッチします。
外と内との接点となる玄関を雨が映える舞台にしてしまえば、ドアの外の景色も、傘の雫も、濡れた髪だって素敵に映ります。

そこでおススメなのが、花と水のコラボレーション。紫陽花や水草など雨の似合う花を選び、透明なガラスの花器にアレンジしてみませんか。

また、花の色にもひと工夫。シックな雰囲気でまとめてもいいのですが、明るい色を入れると気持ちまで弾んできます。右の写真でも、紫陽花にビタミンカラーの黄色を1輪プラスしただけで、玄関も気持ちも明るくなりました。


傘をアートな小道具にしてみよう

お気に入りの傘立てがあれば雨の日もHappyに
実用本位になりがちな傘立てだからこそ、デザイン重視で選んでみてはいかがでしょう。

シューズボックスに傘入れがついているお宅も多いのですが、濡れた傘などはおしゃれな傘立てへ。お気に入りの傘があればさらにマルです!

使い勝手を吟味するのはもちろんですが、雨の日が待ち遠しくなるぐらいおしゃれな傘立てがあれば、愛する人への傘の受け渡しも楽しくなるはず。見ているだけでハッピー、使える日はもっとハッピーなのです。


炭でさりげなく湿気&臭い対策を

人の出入りが多い玄関は、臭いも気になるところ。湿気と消臭効果がある炭は、まさにお役立ちグッズです
ただでさえ湿気が高い室内を、これ以上ジメジメさせたくありませんね。湿気対策といえば、エアコンのドライ機能、除湿機、扇風機などが定番ですが、こうした機器が届かない玄関には炭の力を借りましょう。

炭には無数の孔がびっしりとあいており、湿気が多いときにはここに余分な水分を取り込み、空気が乾燥してくるとためておいた湿気を放出して湿度をコントロールしてくれます。さらに空気の埃や臭いを吸着する性質があるため、空気をキレイにしてくれるのです。

玄関は家の顔ですから、実用本位にせず、インテリアのように飾っておける備長炭で、我が家のイメージアップに役立てましょう。


こうして雨の日の舞台が整ったら、いよいよ本番!雨の雫さえ愛しく思えるアイデアがあります。  >>>