これさえあれば、雨の雫さえ愛しく感じます

タオルひとつで雨の雫が愛しく感じます
誰だって、雨の中を歩けば濡れてしまいますから、やっと辿り着いた我が家で嫌味な態度をとられればカチンときます。言う方だってカリカリするばかり……だからこそ、「おかえり」「ただいま」をホッとする瞬間にしたいのです。

そこで登場するのが、タオルです。濡れた肩をハンカチで拭くのはデートの定番ですが、家ならタオル!迎えるその手にタオルがあれば、雨の雫が愛おしくさえ感じます。もちろん、ずぶ濡れの時にはバスタオルで包んであげましょう。

また、雨の日に複数のタオルをカゴに入れて置いておけば誰でも手軽に使えますし、不意に来客されたお客様にも気軽に使っていただけて、あなたの愛され度もアップするでしょう。



思う存分、雨を楽しんでいらっしゃい!

玄関マットが濡れてしまう前に、バスマットを
「ただいまー!」と元気に帰宅したのはいいけれど、靴下まで濡れた我が子にお小言を言った経験はありませんか?

水跳ねなんて当たり前、水溜りを見れば入りたがる、カエルを見つけて追いかける……ガミガミ叱って好奇心の芽を摘んでしまう前に、雨を楽しめる準備をしてみてはいかがでしょう。

例えば、玄関マットをバスマットにチェンジしてしまえば、濡れた足に目くじら立てる必要がありません。濡れた髪や服はタオルで拭いて。そのまま入浴させてしまってもいいのです。

玄関で親子バトルを繰り広げるよりも、笑顔で話ができるほうがずっといい!そんな母親の姿が、子供心に刻まれます。



濡れた服もホッとさせましょう

スリムにたたんで収納できるハンガーラックがあると何かと便利
濡れた服ってどうしていますか?そのまましまうわけにはいきませんから、乾くまでひと休みさせないといけません。

そんな時おすすめなのが、移動ができるハンガーラックです。お好みの場所にラックを置いて扇風機を当てておけば、乾きも早く、湿気だってこもりません。また、スリムに収納できるタイプなら、必要なときだけ使うことができますし、来客時にも活躍します。

さらにラックとお揃いのハンガーがあれば、見た目もスッキリ。シンプルでナチュラルなものをセレクトしておくと、どんな場所にも馴染みます。濡れた服を受け取る仕草も素敵に映るでしょう。


~あなたがいれば、雨も愛しい~
お互いがそんなふうに感じたら、雨の日も素敵に過ごせそうな気がします。まずはお家の玄関で、愛情の鍵を開けてみてはいかがでしょうか。

[暮らしの歳時記]topへ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。