アマガエルはヘソ曲がり!?

なかなかキュートなカエル君。「カエルってちょっと苦手だけど、緑色の小さなアマガエルなら平気」という方も多く、キャラクターグッズや物語にもよく登場しています。(写真:Sachiのカエル寮)
アマガエルにはこんな民話がありました。ヘソは無いけどへそ曲がりなアマガエルの、ちょっぴり切ないお話です……

『むかしむかしある所にアマガエルの親子がすんでいた。しかし子ガエルは大変なヘソ曲がりで、親ガエルの言いつけと反対のことばかりやっていた。 いよいよ死ぬという時に、親ガエルは(墓が流されないように、山の上に墓を作ってもらいたい。しかしこいつは言いつけと反対のことをするから…)と考え、「墓は川のそばに建ててくれ。」と言い残し死んだ。 ところが子ガエルはこの時になって反省し、「遺言は守らなければならん」と、本当に川のそばに墓を建ててしまった。そのため雨が降りそうになると「親の墓が流される」と泣くのだという。』 ・・・この話から派生してか、九州地方にはヘソ曲がりの子どもを「ぎゃくぎゃくどんく(逆々蛙)」などとよんで戒める地方がある。
※『Wikipedia』ニホンアマガエルより抜粋


アマガエルがなかなか逃げない理由

誰でも身に覚えがあると思いますが、優しくしてね…(写真:Sachiのカエル寮)
ところで、アマガエルに近づいてもじーっとしていますよね(だから子供でも捕まえやすい)。それはいったいなぜなのか?

アマガエルは周りの色によって体の色を変化させるので、葉の上では緑色に、枝の上では灰色っぽく変化します。人が近づいてもあまり逃げないのは、せっかく保護色になっているのに動けば目立ってしまうからです。

なかなか逃げないということは、観察しやすくシャッターチャンスも多くなるわけですから、お散歩途中で見かけたら、写真に撮ってみてはいかがでしょう。結構チャーミングな写真が撮れるかもしれません。

雨が似合うアマガエルは、初夏から夏の人気者!子供達の格好のターゲットでもありますが、どうぞ可愛がってあげてくださいね。


【ちょっぴり雑学】
日本にはアマガエル科のカエルが2種類います。「ニホンアマガエル」と「ハロウエルアマガエル」ですが、「ハロウエルアマガエル」は沖縄近辺にのみ分布しているので、ほとんどの方が目にしているのは「ニホンアマガエル」。意外なことに乾燥にも比較的強く、繁殖期以外は水辺を必要としないそうです。
■「ニホンアマガエル」と「ハロウエルアマガエル」
……写真や説明文とともに、それぞれの鳴き声が聴けます!【両生類保全研究資料室】

< おすすめ関連リンク >
■雨の日をハッピーに過ごすための情報を集めた 
梅雨もハッピー♪INDEX
■ガイドたちのお役立ち情報満載 
All About 梅雨対策特集
■こだわりグッズを探すなら
スタイルストア 梅雨対策グッズ特集
スタイルストア 技あり! 雨傘特集

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。