南インドのお袋の味

南インド料理の特徴は、ココナッツミルクや牛乳をあまり使わず、香辛料と水でスッキリとした味わいに仕上げていること。また、日々の食事では肉類をひかえ野菜と穀物をふんだんに摂取しているそうです。
サンバールラッサム

そんな南インドで「お袋の味」と言えるものが、サンバールと呼ばれている野菜と豆のスープと、ラッサムというニンニクのトマトスープです。日本で例えるなら、みそ汁のようなものだそう。サンバールに入る野菜は日替わりで楽しめます。この日はナス。すっきりとしたスープからはスパイスの香りがただよい、キリリとした辛みがじわじわと舌を刺激していきます。ラッサムはニンニクの香りが食欲をそそり、コリアンダーやクミンなどのスパイスの刺激的な風味が鼻孔を包みます。どちらもコクは少なくかなりさっぱりとした味わいですが、それでも物足りなさを感じないのは、スパイスからかもし出される厚みのある香りと風味がきいているから。

スパイス香る豆料理も秀逸


じゃがいもの炒め物ダール豆の炒め物
肉類をあまり食べない代わりに、インドでは様々な種類の豆類をタンパク質として摂取しています。ダール豆もその一つ。ほっくりとした食感のダール豆を茹で、香辛料で味付けをし粗く潰したもの。豆の味わいをダイレクトに感じることができます。またじゃがいもの炒め物も少量の油で炒めたシンプルな味わいが特徴です。辛みはさほど感じませんが、スパイスの奥深い香りを芋のほのかな甘さとともに味わえます。

上記の他にもほうれん草のカレーヨーグルトレモンのピクルスなどがつまったミールス。
ではどのように食べればいいのでしょう?
次のページで詳しくご説明します。