南極うまれの食材を使った健康粥

粥
シイタケとクリルのお粥
お粥は韓国の朝ご飯にはかかせない存在です。そこで今回伺ったの明洞繁華街にある味加本(ミガボン)。贅沢なアワビ粥から野菜をふんだんに使った野菜粥や、キノコ粥、など様々な種類のお粥がそろいます。中でもクリルという聞き慣れないエビを使ったお粥も。クリルとは南極に生息するプランクトン、オキアミの一種。必須アミノ酸やタウリンを含む健康食材なんだそう。クリルの旨味がお粥に旨味と深みを与えてくれています。胡麻油の風味がきいたお粥は朝の胃を優しく包んでくれます。


g外観
所在地:ソウル市中区明洞1街45-3
TEL:02-752-0330
営業時間: 8:00~22:00
定休日:第2・4水曜日
アクセス:地下鉄乙支路入口駅から徒歩3分
備考:写真のシイタケとクリルのお粥は10000ウォン。他にあわび粥(10000ウォン)・しいたけ粥(6000ウォン)・えび粥(7000ウォン)など。

至福の味。カンジャンケジャン

カニ
カンジャンケジャン
地下鉄新沙駅を降りると、数十軒のカンジャンケジャンを扱うお店が並んでいます。カンジャンケジャンとはワタリガニを醤油タレにつけ込んだもの。あまりにご飯に合うことから「ご飯泥棒」とも呼ばれているそう。この一帯でも味に定評がある店がプロ・カンジャンケジャン。自家製のニンニク醤油に絶妙のタイミングで漬けられたカニ味噌はウニを思わせるコクと甘さと磯の風味が口の中で一気に広がります。値段は高いですがぜひ食べて欲しい至福の味です。


所在地:ソウル市瑞草区蚕院洞27-1
TEL:02-543-4126
営業時間:24時間営業
定休日:無休
アクセス:地下鉄新沙駅から徒歩3分
備考:カンジャンケジャン2ハイで75000ウォン。

ソウルはまさに美食の土地。日本でいただく韓国料理とはひと味もふた味も違う本場の味にノックアウト。辛いだけじゃない、奥深い韓国料理をぜひ一度お試しください。きっとあなたもハマるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。