健康と美容に薬膳中華を

「薬膳とは言っても特別なものを使うわけではないんですよ。普段食べている食材を組み合わせることによって様々な効能を引き出しているんです」そう語るのは、南青山にあるナチュラル スタイル チャイニーズEssenceの料理長、薮崎友宏さん。国際薬膳調理師の資格をいかし、広東料理に薬膳のエッセンスを加えたヘルシーな中華料理で、健康と美容に感度の高い女性から支持されています。漢方ガイドの石澤美由紀さんもこちらの常連さんの一人。そんなお店のランチを取材してきました。
料理長の薮崎友宏さん薬膳の数々


お粥と麺のパワーランチ

手頃な値段でいちばん人気なのが、お粥と麺のセット(1000円)です。では一品ずつ紹介して行きましょう。


この日のお粥は五穀米入りのお粥。強火で長時間炊くことによって、米粒が溶け、ほんのりと甘く、クリーミーな味わいに。その中にも五穀のプチプチとしてリズミカルな食感が楽しめます。粉末状の干し貝柱や干しエビ、干し平目で旨味もたっぷり。薬膳の考え方では穀物は気力のアップに効果があると言われています。



お粥のお供には海老といろいろ野菜の薄塩炒めをいただきました。有機栽培された野菜を塩味で炒めたシンプルなお料理です。驚いたのは、塩分がかなり少ないこと。それでも、有機野菜のシャキシャキ感や野菜の濃い味わいで物足りなさを感じさせません。上質な野菜を使わなければ出せない味なのです。

麺は四川風汁なし担々麺です。こちらも普通の担々麺ではありません。通常、中華の麺はかん水を使用し、独特の風味やコシを生み出していますが、こちらの麺はかん水を使用せず、小麦の味わいをダイレクトに楽しめる特製の平麺。ゴマのペーストやラー油がしっかりとからみ、それでも麺の存在感は残ったまま。胃腸に良いとされる八角は陳皮を使い、まったりとした味わいの中にもほんのりと感じる甘く爽やかな香りが、美味しさを一層引き立てているよう。

食べる前は麺とおかゆのダブル炭水化物にちょっと重そうな印象を受けましたが、それぞれ軽い味わいでペロリと平らげました。それに食後感も中華を食べたとは思えない軽さ。栄養のバランスもとれたセットメニューです。

さて、次のページでは滋味あふれる薬膳蒸しスープがついたプリフィクスランチをご紹介します。