大塚は隠れたグルメスポット

路面電車の都電荒川線に揺られて訪れたのは大塚。一般的にはあまり馴染みのない街かも知れませんが、私はこの街が大好きなのです。大塚と言われてまず思い浮かぶのは居酒屋の江戸一。そして、鍋料亭のなべ家が有名でしょうか。他にもおにぎり専門店のぼんご等々、実は知れば知るほど奥の深~いグルメスポットでもあるのです。今回紹介するのはとある寿司屋さん。個人経営の寿司屋が経営不振で次々と暖簾を下げる中、昼も夜もお客であふれている、知る人ぞ知る大塚の名店のひとつです。

実直な人柄が味に直結

その店とは、すし処面(めん)。駅の北口を降りて、商店街を歩いて行ったところにあります。カウンター内で腕をふるうのは周嘉谷 正大さん。真面目な人柄は、お客に出すネタの良さに現れています。「自分の納得したものしか使いたくない」それがポリシー。こちらで出される魚介は冷凍物や養殖ものを一切使いません! そればかりか、「これぞ」とお眼鏡にかなったものは全国から取寄せ、水揚げされたものをすぐさま直送。それは、ランチで使用する魚にも共通していること。価格に上限のあるランチに夜と同じ食材を使用するというのは、店側にとってはおそらく採算度外視でしょう。客側にとってはこんな嬉しいことはありませんが……。

では、そんなランチメニューとは一体……?
次ページで詳しくご紹介します。