「果樹もち」とBrillante(ブリランテ)

 Brillante
日本初上陸のプライベートブランド
「Brillante(ブリランテ)」
「フランチャコルタの奇跡」
と賞される極上の発泡性ワイン。
瑞々しい「果樹もち」は、当初のコンセプトどおり飲み物なしでも美味しく頂けますが、一方でお酒との相性の良さも見逃せません。

今回試食した3種類の果樹もち、茨城産の「富有柿」、新潟産の「ル レクチエ」、和歌山産の「デコポン」に合わせて、松江氏に選んで頂いたのはイタリアのスパークリングワイン、Brillante(ブリランテ)「クリスタル ブリュット」。イタリアのシャンパーニュとも称される発泡性ワインの産地、ロンバルディア州フランチャコルタ地方で造られた、極上の1本です。

ル レクチエ
滑らかな食感で香りは芳醇。
「ル レクチエ」
フルーティーですっきりとした飲み心地のクリスタル ブリュット。果樹もちを食べてから口に含むと、瑞々しい果実の爽やかな香りが華やかに広がります。

頂いた3種類の果樹もちの中で、ブリランテと最も相性が良いと感じたのは、ル レクチエ。ブリランテのきめ細やかな泡と共に、ル レクチエのとろけるような舌触りと香りが口の中にふわりと広がり、そのまま頂くよりも、果物の魅力が高まるようでした。

富有柿
「富有柿」
まろやかな香りに癒される。
ちなみにお酒なしの場合、私が一番気に入ったのは、適度な瑞々しさで、白餡と皮とのバランスがとても良かった富有柿。完熟でありながらも程よい歯応えが残ります。

松江氏によれば、お酒との相性の良さを生かして、シャンパンバーで果樹もちを提供することも考えているとか。楽しみに待ちたいと思います。

意匠や菓銘(菓子の名)で季節感を表現するのは和菓子の大きな魅力ではありますが、味や香りで季節を表現する和菓子が少ないことを、常々惜しいと思っていました。それに対して旬の果物を使う「果樹もち」は、季節感にあふれています。それぞれの果樹もちを味わえるのは、ごくわずかな時期に限られますが、それこそが果樹もちの最大の魅力かもしれません。

<店データ>
(販売を終了しています。)
「アケール・フルータ」
※現在は催事でのみ販売。今春よりオンラインショップでの販売が予定されていますが、詳細情報は「アケール・フルータ」 HPをご覧ください。

◇予算:(使用する果物により変動)
1個262円~399円(税込)

【鶏卵素麺のお店】
「松屋菓子舗」鶏卵素麺の遥かな旅

【桜餅の作り方】
関東風桜餅の簡単レシピ-お花見に!
関西風道明寺桜餅の簡単レシピ-お花見に!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。