(販売を終了しています)
鶏卵素麺で知られる福岡・博多の「松屋菓子舗」が展開する新ブランド「アケール・フルータ」が作るのは、シャンパンを片手に楽しみたい、新感覚のスイーツ「果樹もち」(かじゅもち)。デパートの催事などでのみ限定販売されている、いわば「幻のお菓子」ですが、今春からはオンラインショップでの販売も予定されています。今回はそれに先駆けて「果樹もち」の魅力を伺ってきました。

(目次)
P1 「松屋菓子舗」の新ブランド「アケール・フルータ」
P2 「果樹もち」とBrillante(ブリランテ)

「松屋菓子舗」の新ブランド「アケール・フルータ」

果樹もち
「アケール・フルータ」の
ロゴマークは
太陽をイメージしたもの。
ポルトガル伝来の南蛮菓子、鶏卵素麺で知られる「松屋菓子舗」が満を持して提案する新ブランド「アケール・フルータ」。ブランド名は「あの果物」を意味するポルトガル語に由来する造語で、こだわり抜いた旬の果物を使っていることから付けられたものです。

今回お話を伺ったのは、13代目の松江光氏。和菓子への熱い思いと、ビックリ箱のように次々と飛び出す新しい企画の話に、時が経つのを忘れて聞き入ってしまいました。

約2年前、和菓子嫌いにも喜ばれるお菓子を作るべく立ち上げたという「アケール・フルータ」。理想としたのは、食べた後にお茶が欲しくなる昔ながらの甘い和菓子ではなく、飲み物なしでも楽しめる、全く新しいお菓子。試行錯誤を繰り返し、完成したのが、選び抜いた旬のフルーツを使った「果樹もち」です。

「果樹もち」(かじゅもち)とは

果樹もち
「果樹もち」は作り立てが命。
お取り寄せでは、
瞬間冷凍したものが届く予定。
実物を目にするまでは、いちご大福の延長線上にあるお菓子を想像していたのですが、果物を白餡と柔らかい皮で包み込んだ「果樹もち」は、重量感のあるいちご大福とは異なり、意外なほど軽やかな口当たりでした。

皮は吉野葛とタピオカを合わせた独自のもので、プルプルと適度な弾力がありながらも重たさはなく、口に入れると瑞々しい果物と溶け合うように、するりと喉の奥へと消えていきます。

果樹もち
茨城産の「富有柿」
瑞々しい中にも程よい歯応え。
皮も白餡もあっさりとして自己主張は控えめで、果物の繊細な舌触りや風味を引き立てる名脇役に徹しているようです。

餅や求肥ではなく、葛をベースにした皮を使うことで実現した軽い口当たり。フルーツの爽やかさが際立って、重い食事の後でもするする入ります。

次ページでは、「果樹もち」とBrillante(ブリランテ)をご紹介します>>