江戸時代からの技を受け継ぐ「向じま 梅鉢屋」の砂糖漬・野菜菓子。周りはサクッとして中は瑞々しい大根の砂糖漬を、初めて口にしたときの驚きは忘れられません。芸術品のような野菜菓子は甘過ぎず、お抹茶や珈琲、お酒にも良く合います。バレンタインにお酒と一緒に贈るのも素敵です。

(目次)
P1 「向じま 梅鉢屋」と15種類もの「砂糖漬・野菜菓子」
P2 梅鉢屋茶寮、15日限定の「梅若」と最中
P3 逸品「南瓜羊羹」、甘納豆と店舗情報

「向じま 梅鉢屋」

梅鉢屋
「向じま 梅鉢屋」
近くには向島百花園
墨堤の桜並木などの名所も
ご主人がたった1人で作る梅鉢屋の野菜菓子は、常時約15種類もの品揃え。素材の色、姿、風味をそのまま生かした野菜菓子は芸術品のような美しさです。

店名の由来は亀戸天神社の梅鉢紋。関東大震災で逃げる際、亀戸天神に家族全員の無事を祈願し、その願いが叶ったことから、それまでの「丸山商店」改め「梅鉢屋」と命名したそうです。

「野菜菓子・砂糖漬」

すみだ川
野菜菓子「すみだ川」(中)
種類も豊富で賑やかな
中サイズ以上がお勧めです
「野菜菓子」の名で販売される砂糖漬の種類は「大根・れんこん・ごぼう・生姜・人参・ふき・昆布・椎茸・茄子・茗荷」など季節により様々。

江戸時代から伝わる伝統的なものだけでなく、苦瓜やセロリなど新しい野菜の砂糖漬にも挑戦されているそうです。砂糖漬を見ると、野菜や果物の色合いや形は、自然のままでとても美しいものだと気づかされます。

野菜菓子
生姜、人参、夏蜜柑、ふき
れんこん、苦瓜まで!
「野菜菓子」は、野菜を砂糖蜜で煮詰めて仕上げに砂糖をまぶすという、甘納豆と似た方法で作られます。繊細な野菜は何日もかけて少しずつ蜜の糖度を高めていく必要があるため、大変な手間隙がかかるそうです。

昔は保存の意味から糖度を高めていたそうですが、現在のものは甘さを抑え、野菜の香りを生かした仕上がり。ブランデーに合わせて楽しむ方もいるそうですが、ドライフルーツをつまみにお酒を飲む感覚と似て、確かに良く合いそうです。

野菜菓子
栗・大根・ニンジン・昆布
大きな茄子やゴボウは
小さく薄くカットして
煮崩れしやすかったり、味や色が抜けやすかったりする野菜も、きれいな形や色、風味を保ったまま仕上げられています。伝統の技と惜しみない手間隙の賜物。大切に頂きたいものです。

次ページでは、梅鉢屋茶寮と15日限定の「梅若」、最中をご紹介します>>