丁寧な手作業の賜物「栗名月」「こどら」

栗名月
栗名月
秋だけの「栗名月」。使っているのは国内の契約農家から届く、防虫加工を施していない栗。この栗を毎日丁寧に手で剥き、砂糖とともに練り上げ、こし餡を包んで形作ります。これほど栗の香りの生きたお菓子に出会えることはあまりないかもしれない、と一口一口大切に味わいました。

こどら
手の平で包めるほどの
「こどら」
最後にご紹介する「こどら」は、手の平で包めるほどの小さなどらやきです。注文に応じて挟んでくれるみずみずしい粒餡がふんわりした生地と良く合います。

「山形の美味しい果物を使ったお菓子も作りたい。例えば、ラ・フランスの本当の食べ頃はほんの一瞬。その瞬間の味わいをお菓子で表現したい。」と語る仲野さん。首を長くして待ちたいと思います。喫茶室のテーブルには、店を訪ねた方々が「一言」を残していったノートが積まれていました。「私の宝物です」と優しく微笑む仲野さん。お菓子にはお店の方の人柄が反映されるものだと、色々なお店を訪ねるたび、思います。

<店データ>
■腰掛庵
所在地:山形県天童市北目1-6-11
TEL:023-654-8056
FAX:023-653-3962
営業時間(夏季):
【販売】9:30~:18:00
【喫茶室】9:30~17:30(ラストオーダー17:00)
営業時間(冬季):
【販売】9:30~:18:00
【喫茶室】9:30~17:00(ラストオーダー16:30)
定休日: 月(祭日の場合は営業。翌水が代休。)
地図:Yahoo!地図情報
◆お取り寄せ方法:
電話またはFAXにて注文。お菓子代の他、送料(クール便)、代金引換手数料が必要。(但し、郵便振込の場合は手数料なし)
※基本的に全てのお菓子がお取り寄せ可能。
※わらびもちは到着日、その他生菓子は到着の翌日が消費期限。
◆本店以外の販売場所(2007年9月現在)
【わらびもち販売場所】
「日本橋高島屋」(水・金・土曜日)
「立川高島屋」(日曜日※夏季のみ販売)
「新宿高島屋」(金曜日)
「柏高島屋」(水曜日)

【醸まん販売場所】
「株式会社 市川島屋」(土曜日) 
千葉県市川市鬼高1-1-1コルトンプラザ内
「有限会社 千葉島屋」(土曜日)
千葉県千葉市若葉区みつわ台3-14-28
「掛田商店」(水曜日) 
神奈川県横須賀市鷹取2-5-6

◆予算一例:
【通年販売】
「醸まん」1個150円(化粧箱入り詰合せあり)
「わらびもち」喫茶1皿(麦茶付)480円
持ち帰り用は小箱630円、大箱1,260円
「わらびまんじゅう」1個160円
「だだ絞り」1個220円
「こどら」1個150円
【季節のお菓子】
「栗名月」1個230円
「柚子わらび」1個220円
「だだわらび」1個220円
かき氷「木いちごとすぐりみるく」(喫茶のみ)630円
「冷吟醸甘酒」1杯150円


【その他和菓子記事】
■和菓子の新しい認定制度
「選・和菓子職」作り手の顔を表舞台へ!

■手土産にしたい和菓子
手土産にしたい「東京のかりんとう」
横浜名物 甘納豆「おもや」~栗と豆の香り
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。