ぷるぷるの「わらびもち」

わらびもち
ぷるぷるのわらびもち!
(※写真は手土産にしたもの)
私を天童市の「腰掛庵」へ導いてくれた「わらびもち」。本わらび粉で作られたぷるぷるのわらびもちを引き立てるのは、深炒り黒大豆のきなこの香ばしさ。適温で供される出来たてのわらびもちは格別の味わいです。

だだわらび
だだわらび
このほか、こし餡(あん)を包んだ「わらびまんじゅう」、季節限定で、餡で包んだ苺入りの「いちごわらび」、だだちゃ豆の餡を包んだ「だだわらび」、柚子風味のわらびもちでこし餡を包んだ「柚子わらび」が作られています。緑がうっすら透けて見える「だだわらび」は、新鮮なだだちゃ豆が豊富に手に入る土地ならではの美味しさ。

だだ絞り
「だだ絞り」
中にはこしあん
だだちゃ豆の美味しさをより堪能できるのが「だだ絞り」。こし餡をだだちゃ豆の餡で包み、茶巾に絞ったものです。

さらにお勧めしたいのは、夏季に喫茶室でのみ楽しむことのできる「かき氷」。驚くほど肌理の細かい、粉雪のようにふわふわの氷です。「宇治金時みるく」「宇治しるこみるく」「黒みつみるく」など、魅力的なメニューが並ぶ中、私が注文したのは「木いちごとすぐり みるく」。自家製の甘酸っぱいシロップとミルクの優しい甘さがとても良く合っていました。

次ページでは、「栗名月・こどら」と店舗・お取り寄せ情報をご紹介します>>