さらに、この料理には何を?


仔牛ロース肉の牡蠣油炒め
柔かい仔牛をふうわりと炒めてオイスターソース仕立てにしている。ここでローヌ赤の出番である。コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュとなると、かなりパワフルなソースでないと対抗できないが、コート・デュ・ローヌの濃度ならなんとか釣り合うか。オロロッソなら料理と骨太同士で、案外いい組み合わせになる。


鱈場蟹入りスープ炒飯
スープ、と言えば合わせるのはシェリーが定石。具がタラバガニなので、合うのはフィノか。しかし食後にさらさらと、アルザスのリースリングで口をすすぐのも良さそうである。


湯葉入り肉饅頭と海老蒸し餃子
醤油やカラシを付けるかどうかにもよるが、上品な点心には何も付けないでフィノを合わせるとさっぱりとしていいかも知れない。醤油をたっぷり付けたい向きは、ローヌの赤を。


杏仁豆腐
これはワインを合わせなくてもいいのだが、杏仁(アーモンド)の香りにはゲヴュルツのバラの香りが似合う。デザートの甘さには辛口ワインよりも、やはり多少甘みのあるものが調和する。

どうだろうか? 中国料理といっても、それぞれのアイテムによって相性の良いワインがあることをお分かりいただけると思う。もちろん、ワインを1本決めてそれに合わせた料理を組み合わせても楽しいだろう。アルザス、ローヌ、そしてヘレス(シェリーの産地)のワインは、幅広くマッチングが可能なのである。


さらにこんなイベントも!>>