薔薇一輪のラベル

ずらりと並ぶワインボトルを前にマイクを持つフランソワーズさん
バラ印のワインについて語る
デパートやワインショップで、薔薇を一輪あしらったラベルをよく見かける。南仏ラングドック地方・ミネルヴォワという地域のシャトー・クープ・ローズChateau Coupe Rosesという作り手のワインである。版画のような古風なタッチでバラが真正面から描かれていて目を引く。

日本で手に入る手頃な値段の南フランスのワインは、水っぽくて面白みがないものが多い。しかしここはひと味違う。さらっとしているのにちゃんと個性があるし、早い時期から美味しく飲めて数年の熟成にも耐えるから、ワインを飲み慣れない人でも楽しめそうだ。小さ目のバラの花束くらいの値段だから花とワイン、という母の日のギフトにもうってつけである。

もっぱら夫婦で運営している生産者だが、奥さんのフランソワーズ・フリッサンさんが輸入元・アズマコーポレーションの招きで4月に来日した。(フランソワーズさんは醸造とマーケティング、ご主人のパスカルさんがブドウ栽培を担当している)彼女のレクチャーで試飲したワインを紹介しよう。

・ Page1 薔薇一輪のラベル クープ・ローズとは
→Page2 ミネルヴォワってどこ?
→Page3 かなりイイ!赤をチェック
→Page4 何色の薔薇を贈る? 全輸入アイテムリスト