炭酸入りミネラルウォーターで、シャンパンのような水出しティーを


炭酸入りミネラルォーターと中国茶の茶葉で
ちょっとおしゃれな水出し中国茶を作ります


今年の春はまったく天候不順で、4月半ばに東京で雪が降るなどという状況でした。しかしゴールデンウイーク突入とともに、ようやくこの季節に見合った天候になってきたという感じです。

新緑の中で散策したり、公園にピクニックなどを愉しむにはうってつけの季節。すこし歩くと汗ばむようなそんな気候には、そろそろアイスティーもいいなと思ったりします。

中国茶のアイスティーの基本は、しっかりと熱湯で出したお茶を、氷で急速冷凍する方法が断然お勧めなのですが、場合によっては、一晩じっくりと水出しをして、まろやかな香の良いお茶を楽しむということも楽しみの一つですね。

そんな水出しの冷えた中国茶をポットに詰めて、散歩カメラをするのも、この季節にはぴったりです。

ところで、先日とある紅茶やさんとお話をしていたら、水出しのお茶があるのだから、ガス入りの水でお茶をだして、シャンパンのような気分で愉しむというのもいいのではという話で盛り上がりました。

たしかに、それはなかなか柔軟な発想ですね。


フランスの炭酸入りミネラルォーター、
「OREZZA」に鳳凰単叢蜜蘭香の茶葉を!


ということで、早速試してみました。

用意したのは、フランスの天然炭酸入りのミネラルウォーター。作り方は正に水出しですから、蓋を開けてそこに適量の茶葉を入れて、後は一晩冷蔵庫で寝かせておけば出来上がり。

ただし、注意する必要があるのは、天然炭酸入りのミネラルウォーターは、硬度が高いので、茶葉の成分が溶け出しにくいため、軟水で作る水出し茶より、やや時間が係ることです。そこで、翌日の朝飲むのであれば、前日の午後には用意を始めることがお勧めです。

さらに、シャンパンに見立てて愉しむのであれば、それなりに香と味わいのあるお茶を選ぶ必要があるでしょう。お勧めは、鳳凰単叢やジャスミン茶ではないかと思います。

茶葉の量はだいたい6g程度。単叢の場合は、茶葉が多すぎたり、長く入れすぎると後味が苦くなりますので注意しましょう。

最近では、ペリエやクリスタルガイザーなどの有名なもの以外にも、様々な炭酸入りのミネラルウォーターが売られていますので、ビンのデザインや味などにこだわると、お友達を招いた際のウエルカムティーなどでも利用することか可能です。

なお、蓋を開けるときに、炭酸が噴出す恐れがありますので、十分注意して蓋を開けてください!

是非お試しを!

<お勧めの炭酸入りミネラルォーター>

OREZZ
原産国:フランス
採水地:コルシカ島ラッパジオ
輸入者:株式会社アルカン
容 量:500ml
価 格:400円程度
URL:http://www.orezza.fr/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。