2003年に素敵なお店をオープンした台北の「廣方圓」が今年(2004年)日本に素敵なサロンをオープンしました。オープン前の試飲会に参加させていただきましたので、早速お話をお聞きしてきました。
【閉店】

▼ 廣方圓
廣方圓は、台北で1980年に創業した茶荘です。創業当初は正中茶荘として台湾茶を扱うのみならず香港栄記茶荘のお茶を扱うなど、積極的な展開を行っていましたが、1989年には「龍廣普[シ耳]茶荘」として、台湾ではじめての普[シ耳]茶専門店としてリニューアル。

さらに1990年に「廣方圓」と改名して、その後も雲南省の茶葉公司とともに野生茶や有機茶などの開発を行うなど、台湾でも独自の展開を行ってきた茶荘といえるでしょう。2003年には中山北路に「廣方圓茗茶・茶館」をオープンさせ、そしていよいよ、今年日本に進出する足がかりとして、(有)韻味(IN-WAY)と代理店契約を結び、素敵なサロンをオープンさせました。

▼ 廣方圓・仙境サロン
2004年5月19日に東京目黒区の駒沢公園にほど近い「泰山館」の一角にオープンした廣方圓・仙境サロン。廣方圓の日本総代理店を努める韻味がオープンさせたサロンです。

マンション風の部屋をサロンとして改造したこの仙境サロンは、庭に面した窓から明るい陽射しが差し込む素敵な空間に仕上がっていました。部屋の中央に大きなテーブルが一つ備え置かれ、そこで、試飲ができるようになっています。

また、庭でも野点が可能なように、席が用意されており、風が竹の葉を揺らしていく音などを聞きながら、のんびりとお茶を飲むことが出来ます。

 * 次のページでは「韻味」の基本のポリシーを紹介します。